TOPICS

2015/02/19

2015年2月19日日経概況

2015年2月19日の東京株式市場は続伸しました。

終値は前日比65円62銭(0.36%)高の1万8264円79銭でした。

特別な材料はないものの、

先高感が継続し、2007年7月9日の高値(1万8261円98銭)をついに更新、

2000年5月以来約15年ぶりの高値を記録する

歴史的な相場に入っています。

 

前日の米高株式市場はまちまちな動き。

NYダウ30種平均は前日比17ドル73セント(0.1%)安の

1万8029ドル85セントで4営業日ぶりの反落、

ナスダック総合指数は6日続伸で、7.097ポイント(0.1%)高の4906.364で

2000年3月 以来、こちらも15年高値で取引を終えました。

上げ、下げどちらの材料も不足する中、

目先の利益を確定する動きが先行しました。

 

日本は米国市場のまちまち動きで材料難の中、

昨日に引き続き新たな上昇トレンドによる先高観が続き、

小幅でありながら上昇しました。

買い優先で始まり、高値を試す動きで上昇していきましたが、

高値圏では目先の動きを確定する動きが広がり、

上昇幅を縮小させながら引けました。

 

テクニカル的には1万8,000円台をぬけながら

三角保ち合いも鮮明にブレイク、

昨日の高値を抜けて上昇することで、

新たなトレンドをほぼ確定させました。

これから想定されるシナリオは、抵抗になっていた

1万8,000円台が支えに逆転、

調整する時はこの価格帯が下値の目安になって、

安値を切り上げる上昇継続です。

添付のチャートを参照してください。

その時、影響する要因としては二等辺三角形のパターンで煮詰まってきた

為替の動きです。

こちらも添付のチャートを参照してください。

どちらにブレイクするかによって、株価に影響を及ぼしますが、

基本的はトレンドを早めるか遅延させるかぐらいの影響で、

大きな流れ自体を変えるような決定的な要因にはなりにくいと

考えられます。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆5648億円、

売買高は26億5354万株で商いは少し減っています。

東証1部の値上がり銘柄数は1351でおよそ73%の銘柄が上げ、値下がり銘柄数は420、

変わらずは91でした。

 

 

 

■各市場の動き

日経:18,264.79         +65.62 19日

NYダウ(ドル)            :18,029.85    -17.73  18日

ドル/円:118.67 – .70 -0.50円高       19日

20150219NYDaily 20150219USDYENDaily 20150219NikkeiDaily