TOPICS

2015/02/25

2015年2月25日日経概況

2015年2月25日の

東京株式市場は6日ぶりに小幅反落しました。

終値は前日比18円28銭(0.10%)安の1万8585円20銭でした。

明確な材料がない中、方向感のない動きが続き、

短期的な過熱感から利益確定が優先されました。

 

前日の米高株式市場は史上最高値を更新する好調ぶり。

NYダウ30種平均は 前日比92ドル35セント(0.5%)高の

1万8209ドル19セントで史上最高値を2日で更新、

ナスダック総合指数は10日続伸で、前日比7.150ポイント(0.1%)高の

4968.122で取引を終了しました。

2000年3月 以来、15年高値更新を続けています。

市場の注目を集めていた、エレン議長の発言は

「少なくとも今後数回の会合で利上げをできる状態にない」との趣旨で

早期の利上げに慎重姿勢を示したと受け止められ、

幅広い銘柄に買いが広がりました。

 

日本市場は前日の欧米株高を好感して買いが先行、

寄り付き直後は1万8636円34銭まで上昇しましたが、

その後は上げの材料が不足する中でもみ合う展開になりました。

日本株は欧米先行して買われていたこともあり、

利益を確定する動きが広がりました。

買いが控えられたもう一つの要因は

明日予定されているドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の議会証言です。

 

しかし、下値ではしっかり押し目を拾う動きが入り、

下げ幅は限定的な状態で引けました。

 

テクニカル的に見ると、陰線引けで下げてはいるものの

形は立派な上昇で、高値と安値を切り上げています。

押されると買うという強い相場を形成して、

調整を挟みながら2万円台を目指す動きは続きます。

短期的にはストキャスティックに続き、

MACDの伸びが縮むことで調整の可能性を映し出しています。

今週末は月末にも当たるので、

ポジションをたたむ動きは予想されます。

長期保有目的の銘柄は少々動いても慌てずに構えましょう。

 

東証1部の売買代金は2兆4396億円、売買高は22億1285万株で

商いはさらに薄くなっています。

東証1部の値上がり銘柄数は888、値下がり銘柄数は825で拮抗、

変わらずは144でした。

 

 

■各市場の動き

日経:                         18,585.20        -18.28              25日

NYダウ(ドル)            :        18,209.19        +92.35             24日

ドル/円:                    118.84 – .86     -0.40円高       25日

20150225NasdaqDaily 20150225NYDaily 20150225Nikkei