TOPICS

2015/03/04

2015年3月4日日経概況

2015年3月4日日の東京株式市場は 続落しました。

終値は前日比111円56銭(0.59%)安の1万8703円60銭でした。

短期的な過熱感に伴う利益確定の相場に続きで、

欧米相場の難聴な動きも下げを誘いました。

 

前営業日の米高株式市場は利益確定で下落。

NYダウ30種平均は前日比85ドル26セント(0.5%)安の

1万8203ドル37セントで 史上最高値を更新した前日の反動から

利益確定が先行しました。

ナスダック総合指数も反落して

28.195ポイント(0.6%)安の4979.901で

15年ぶりに節目となる5000を超えてから再び割り込みました。

 

 

日本市場は難聴な米国市場の動きと、材料難という流れを受け、

売りが先行して、安値付近で前場を終了しました。

200円を超える場面では押し目を待つ投資家の買いに支えられ、

午後から値を戻す展開になりました。

 

また、下げ幅が大きくなると日銀がETF購入に動くとの思惑が働き

下げ幅は限定されました。

市場は2月4日以来の続落になりましたが、

当然出てくる調整と考えることが妥当で、

むしろもう少し調整幅があってもいい感じです。

しかし、下値ではしっかり買いが入ってくることから、

調整を挟みながらの上昇という見方を変更する必要はありません。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆3142億円、

売買高は21億3732万株で、商いは持ち合う相場が続いています。

東証1部の値下がり銘柄数は1127、

値上がり銘柄数は595、変わらずは138でした。

 

テクニカル的には下げ幅大きくなる場面では

一目均衡表の転換線がしっかり意識され、

転換線をタッチする瞬間に戻っていき、

支えとして働いていることを示唆しています。

ほぼ1ヶ月ぶりに5日移動平均線を割り込むことで、

短期調整のサインは続きましたが、ここで反発になると

予想より早い戻りも考えられます。

戻りの時、次の上値目処として考えられるのは、

12月8-1月16日の下落幅を上乗せした1万9,400円当たりです。

 

今週始めから解説しているように今週末の雇用統計を控えて、

調整は続くと考えるのがよいでしょう。

 

■各市場の動き

日経:                   18,703.60             -111.56                4日

NYダウ(ドル)         :      18,203.37             -85.26                  3日

ドル/円:               119.76 – .80          -0.02円高              4日

 

20150304NIkkeiIchmoku