TOPICS

2015/03/13

2015年3月13日日経概況

2015年3月13日の東京株式市場は大幅に続伸しました。

終値は前日比263円14銭(1.39%)高の1万9254円25銭でした。

米国市場の大幅な反発に加えて、

大手企業の相次ぐ賃上げ方針決定など国内環境の上向き雰囲気、

良好な需給要因が買いを支えています。

 

前営業日の米高株式市場は大幅な反発になりました。

NYダウ30種平均は前日比259ドル83セント(1.5%)高の1万7895ドル22セント、

ナスダック総合指数も幅のある反発をして

前日比43.349ポイント(0.9%)高の4893.290で取引を終えました。

直近の下落幅が大き買った分、自立反発とみられる買いが

入ってきて相場を牽引しました。

 

日本市場は大幅に反発した米国市場の動きに加え、

持たざるリスクの方が大きく意識され、

買いが買いを呼ぶ需給関係の良好さで大きくあげています。

前日と今日、2 日間の上げ幅だけで530円を越えており、

限りなく天井圏にありますが、

昨日の説明とおり、サインが点灯した銘柄に関しては

積極性を発揮する必要があります。

 

テクニカル的には窓を開けて上昇する陽線を形成、

テクニカル指標の1つ、ボリンジャーバンドの2σを大きく飛び出しては

終値で戻ってきました。

チャートの形は添付のチャートを参照してください。

(http://www.tbladvisory.com/topics/20150313nikkei/)

ここからは2σと1σを押し上げながら2万円を目指す動きになるでしょう。

しかし一直線であがるものはないことも覚えておいてください。

前回の上昇幅から考えると19,400-19,500円付近では一回調整が入る可能性が

あるので、注意しましょう。

 

先物・オプションのSQ算出に伴う要因もあり、

東証1部の売買代金は概算で4兆3072億円にのぼるなど、

商いは大きくなりました。

売買高は31億9873万株となり、14年11月以来の高水準、

東証1部の値上がり銘柄数は1126、

値下がりは602、変わらずは139でした。

 

 

 

■各市場の動き

日経:                                     19,254.25                    +263.14                       13日

NYダウ(ドル):                     17,895.22                    +259.83                       12日

ドル/円:                                121.32 – .34                 +0.31円安                   13日

20150313Nikkei