TOPICS

2015/03/17

2015年3月17日日経概況

2015年3月17日の

の東京株式市場は大幅に続伸しました。

終値は前日比190円94銭(0.99%)高の1万9437円でした。

いよいよ19,400円台を固める動きになってきました。

昨日の解説で伝えた通り、国内大手企業の賃上げが

相次ぎ報道されることで、個人消費の回復、企業業績の向上に

繋がる好循環が期待されました。

 

 

前日の米国市場は大幅な反発になりました。

NYダウ30種平均は前週末比228ドル11セント(1.3%)高の

1万7977ドル42セント、

ナスダック総合指数も反発して

前週末比57.750ポイント(1.2%)高の4929.508で取引を終えました。

売買材料は乏しいものの、前週末まで米国企業の懸念材料として

重くのしかかっていたユーロ安・ドル高が一服することで、

企業業績への不安が和らぎました。

高値圏ではFOMCに備えて様子見ムードを決め込む動きも見えました。

 

日本市場は上昇した欧州・米国市場の動きを素直に引き継ぎ、

大きく空を開けながら上昇して始まりました。

海外株高を好感して、輸出関連株が買われることで上昇をリード、

一時前日比233円83銭高の1万9479円89銭まで

上昇する場面もみられました。

 

大きな上昇を見せた後は落ち着きを取り戻し、

戻して終わりましたが、始値よりは高い位置で引けました。

市場では3月以内での2万円到達の見方が強くなってきていますが、

3月26日の権利確定日に向かって、買いが旺盛になることを考えると

全く根拠のない話ではありません。

 

テクニカル的には空をあけて高値圏で寄り付いたとは

上昇、落ち着きを繰り返す陽線を形成、

節目を待っている投資家にとって、次の買いタイミングが

つかめられない状況が続いています。

空をあけて上昇したのにもかかわらず、MACDなどのテクニカル指標は

まだ過熱感を出してないことが相場においては

2万円到達説のサポート材料になっています。

 

チャートの形は添付のチャートを参照してください。

(http://www.tbladvisory.com/topics/20150317nikkei/)

 

東証1部の売買代金は概算で2兆4539億円、

売買高は19億7710万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は1007、値上がりが635で、

変わらずは173銘柄でした。

 

 

 

■各市場の動き

日経:                                     19,437.00                    +190.94                       17日

NYダウ(ドル)            :                    17,977.42                    +228.11                       16日

ドル/円:                                121.40 – .42                 +0.18円安                   17日

20150317NY 20150317Nikkei