TOPICS

2015/03/18

2015年3月18日日経概況

2015年3月18日の東京株式市場は 続伸しました。

終値は前日比107円48銭(0.99%)高の1万9544円でした。

いよいよ19,400円台を固めて、1万9500円台にのせてきました。

米国市場はまちまちな動きになりましたが、

先高観と良好な受給環境を背景に押し目なく

上昇を継続しました。

 

前日の米国市場は反落と続伸のまちまちな動きになりました。

NYダウ30種平均は前日比128ドル34セント(0.7%)安の

1万7849ドル08セント、

ナスダック総合指数は続伸して

前日比7.927ポイント(0.2%)高の4937.435で取引を終えました。

18日に予定されている米連邦公開市場委員会(FOMC)の

結果発表を控えて、様子見ムードが広がり

目先の利益を確定する動きが優勢になりました。

落ち着きを見せつつあった原油先物相場が再び下落、

エクソンモービルなど石油関連株が下落したことも

相場の重荷にとなり、

下げ幅は一時190ドルを超える場面も見られましたが、

下値では押し目を拾う動きもみられ、下げ幅を縮小させながら終わりました。

日本市場はまちまちな米国市場の動きを反映する上に

今夜控えているFOMCの結果を意識して

上値を追いづらい状況で始まりました。

 

小動きで寄り付き、上下方向感のない動きが続きましたが

午後になると、一旦利益確定をした資金が戻る動きや

少しでも下げてきたらすかさず買いを入れる

受給の良さが相まって上げ幅を拡大してきました。

 

上昇を牽引したもう一つの材料は

14時に日本政府観光局(JNTO)から発表された

2月の訪日外客数(推計値)でした。

前年同月を57.6%上回る138万7000人と

単月としては過去最高を更新することにより

内需株の上昇を呼び込みました。

テクニカル的には前日の終値を挟んだ始まりから、

午後ちから強く伸びる陽線を形成、

上昇トレンドを継続させました。

特に直近5日間の上昇は急ピッチな上げを演出、

上昇トレンドが加速していることを表しています。

よほどバンジージャンプ好きでなければ、

わざわざこのような相場で空売りを仕掛けるような動きは

取らなくてもよいでしょう。

 

利益を一旦確定しても、戻りが早いことから、

トレンド転換の期間が短くても、早めに取り組む動きが

現在の相場には向いています。

 東証1部の売買代金は概算で2兆4539億円、

売買高は20億4469万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は 1030、

値下がりは683、変わらずは155でした。

 

■各市場の動き

日経:                                     19,544.48                    +107.48           18日

NYダウ(ドル)            :                    17,849.08                    -128.34                        17日

ドル/円:                                121.37 – .38                 -0.02円高       18日

20150318Nikkei 20150318WTI