TOPICS

2015/03/27

2015年3月27日日経概況

2015年3月27日の東京株式市場は 大幅に続落しました。

終値は前日比185円49銭(0.95%)安の1万9285円63銭でした。

米国株が4日続落したことに加え、

週末要因で損失を限定する売りが加速し、大幅な下落で終わりました。

しかし、長期的な上昇基調は失われていない状況です。

 

前日の米国市場は4日続落になりました。

NYダウ30種平均は前日比40ドル31セント(0.2%)安の

1万7678ドル23セント、

ナスダック総合指数も4日続落して

前日比13.157ポイント(0.3%)安の4863.362で取引を終えました。

前日の大幅な下落に加えて、新規の取引材料が不足していましたが、

米景気 の先行きに対する不透明感が投資家心理を悪化させ、

売りが広がりました。

 

日本の市場も新規の材料は少ない中、

米国市場がさえない動きを続ける上に

権利確定日を過ぎてからの反動が加わり、

下げてスタートしました。

317円を超える下げ幅の場面もみられ、

1万9,100円を割り込む場面もありましたが、

下値では買い戻され180円大の下げ幅でひけました。

 

2つ連続の大幅下落で、投資家の間では懸念が広がっていますが、

テクニカル的に週足で見ると(添付のチャート参照)

下ひげの長いローソクを形成、まだ上昇トレンドが

終わったようなことには至っておりません。

昨日の解説で

「一回調整が入ると、1万9,100円台まで調整する可能性が出てきました。」と

書きましたが、だったの1日で1万9,100円台をタッチしました。

 

今週もお疲れ様でした。

来週の動向は今夜のニューヨークを参照しながら、

この調整の反転時期を図っていきたいと思います。

楽しい週末を過ごし、また来週お会いしましょう。

■各市場の動き

日経:                                     19,285.63                    -185.49                        27日

NYダウ(ドル)            :                    17,678.23                    -40.31              26日

ドル/円:                                119.39 – .42                 +0.77円安       27日

20150327Nikkei