TOPICS

2015/03/31

2015年3月31日日経概況

2015年3月31日の

東京株式市場は大幅に反落しました。

終値は前日比204円41銭(1.05%)安い1万9206円99銭でした。

2014年会計年度の最終日に当たる本日、

米国株の大幅な続伸など外部環境の改善を受け、買いが先行しましたが

年度末の最終日ということもあり、上値が重く下落して終わりました。

 

前日の米国市場は大幅な続伸となりました。

NYダウ30種平均は前週末比263ドル65セント(1.5%)高の

1万7976ドル31セント、

ナスダック総合指数も続伸して

前週末比56.222ポイント(1.1%)高の4947.441で取引を終えました。

大きな下落になった 前週の反動で、

目先の戻りを見込んだ買いが大量に入った他、

大きなM&Aのニュースで収益改善の期待が高まりました。

 

日本の市場は大幅な米国市場の動きを受け、

小幅高く始まり、上昇幅を拡大、

200円近くの上昇も見られましたが、

次第に上値が重くなり、下落に転落しました。

上昇分を打ち消した後は下げが加速、

下値では戻すことなく、本日の安値で引けました。

 

まだ上昇に転じたわけではないということは

昨日の解説で伝えた通りで、

再び調整に入っていく可能性もあります。

 

 

テクニカル的には昨日の続き

先週も木曜日に5日移動平均線を割り込んでから、

5日・25日移動平均線に挟まれた動きになりました。

高値圏での持ち合いという形には変更がなく、

1万9,100円までの調整、反発となるかがチェックポイントになります。

 

明日から新年度4月が始まります。

好決算が期待される企業の業績発表と

新規ポジションを組む機関投資家の動きを反映して、

伝統的に「春高相場」と呼ばれる季節です。

さて、今年も期待して2万円台を目指していきましょうか。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆9382億円、

売買高は23億6425万株、年度末ということもあり、

前日よりは大きな商いになりました。

東証1部の値下がり銘柄数は910、値上がりは836、

変わらずは130でした。

 

■各市場の動き

日経:                                     19,206.99                    -204.41                                    31日

NYダウ(ドル):                       17,976.31                    +263.65                       30日

ドル/円:                                   120.18 – .22                 +0.51円安                   31日

21050331NY 20150331Nikkei