TOPICS

2015/04/04

2015年4月3日日経概況

2015年4月3日の

東京株式市場は続伸しました。

終値は前日比122円29銭(0.63%)高の1万9435円08でした。

前日の米国市場が良好な動きになったほか、

投資環境の改善を好感して、

雇用統計直前という様子見ムード強い相場であるにも関わらず

力強い展開を見せました。

 

 

前日の米国市場は3日ぶりの反発となりました。

NYダウ30種平均は前日比65ドル06セント(0.4%)高の

1万7763ドル24セント、

ナスダック総合指数も反発して

前日比6.709ポイント(0.1%)高の4886.937で取引を終えました。

主要な米経済指標が市場予想を下回ることが続いていましたが、

2月の製造業受注が増えた他、

週間の新規失業保険申請件数が市場予想に反して減少するなど

経済指標の改善を材料として買いが広がりました。

 

日本の市場は良好な米国市場の動きを横目に、

前日の大幅上昇による利益確定がでて、朝方は売りが優勢でした。

しかし、利益確定売りを一巡した後は、

強気の投資家による押し目買いでプラス圏に浮上して

1万9,400円台を回復しました。

また新年度を迎え、野村アセットマネジメントが

大型の新規株式投資信託の運用を始めたことなど

良好な需給環境も相場を牽引しました。

 

テクニカル的には昨日の反発から高値を切り上げることで、

上昇トレンドに戻ってきたと判断することができます。

一旦下回った25日移動平均線、基準線を上回ってきたことで、

来週からはこの動きを続けて、直近の高値を抜いてくるかが

楽しみになってきました。

(添付のチャートを参照してください。)

週足でみると上・下とも長いひげの陽線を形成しながら、

天井から降りてくる形を作っています。

来週はこの陽線も抜けてくることを確認できるほどトレンドに

のってほしいところです。

 

今週もお疲れ様でした。

週足が示す通り、上・下に激しく動く

なんとも分かりづらい相場の一週間でした。

本日のチェックポイントは米国雇用統計の結果と

その結果を反映した為替、ニューヨーク市場の動きですね。

花見はもはや最後を迎えますので、

外に繰り出して、いっぱい飲んで、いっぱい遊んで、

日本経済のためにお金を沢山つかう週末を過ごしてください。

■各市場の動き

日経:                                     19,435.08                    +122.29                       3日

NYダウ(ドル):                     17,763.24                    +65.06                         2日

ドル/円:                                119.65 – .68                 +0.13円安                   3日

20150403Nikkei