TOPICS

2015/04/13

2015年4月13日日経概況

2015年4月13日の東京株式市場は小幅反落しました。

終値は前週末比2円17銭(0.01%)安の1万9905円46銭でした。

2万円台を達成したことから、売りと買いが拮抗する状態が続き

方向感のない展開になりました。

下値ではしっかり押し目の買いが入ることで、

先高観は依然と強い相場模様です。

 

先週末の米国株式市場は続伸しました。

NYダウ30種平均は前日比98ドル92セント(0.6%)高の

1万8057ドル65セントで引け、

2週間半ぶり の1万8000ドル台回復になりました。

 

ナスダック総合指数も続伸して

前日比21.413ポイント(0.4%)高の4995.978で取引を終えました。

日経の2万円突破を受けて、ほぼ全世界で株高が進行したことを受け、

米国市場でも買いが広がりました。

また、265億ドル(約3兆1800億円)規模の

不動産事業を売却して金融部門を縮小すると同時に、

500億ドルの自社株取得枠を設定すると発表したGE株が

10%以上買われたことも市場を牽引する要因となりました。

NYの今週の動きは高値圏で持ち合う可能性が高いと

判断しています。

 

日本市場は2万円を一時的にでも突破したという

ファンダメンタルのよさと良好な外部環境を背景に

買いが先行して始まりました。

先週末は2万円を 突破した達成感から売りが膨らみ

反落した動きになりましたが、

本日も小幅高く寄りついた後は、上下繰り返しながら

持ち合う展開になりました。

 

先週解説した通り、今週は調整を挟みますが、

積極的に売り込む動きにはなりづらく、

調整の後は流れが上昇に転換した後、

2万円を再び通過してから

上昇基調を続けていくと判断できます。

 

テクニカル的には高値圏で持ち合う

陰線を形成、しばらくは持ち合う可能性がある

形になっています。

持ち合った後、反落するなら前回の1万9,700円あたりを下値の限度として

再び反発してくるかがチェックポイントになります。

理想的なのは次の反発で業績の上方修正が続くことですね。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆1398億円で、

1週間ぶりの低い商いになりました。

売買高は17億247万株、東証1部の値下がり銘柄数は1000、

値上がりは731、変わらずは148でした。

 

 

■各市場の動き

日経:                   19,905.46             -2.17           13日

NYダウ(ドル)         :      18,057.65             +98.92        10日

ドル/円:               120.08 – .10          -0.42円高     13日

20150413NY