TOPICS

2015/04/16

2015年4月15日日経概況

2015年4月15日の東京株式市場は小幅反落しました。

終値は前日比38円92銭(0.20%)安の1万9869円76銭でした。

これから本格化する主要企業の決算や、

2万円を達成してからの安堵感が交わり

持ち合い相場が続いています。

 

前日の米国株式市場はまちまちな動きになりました。

NYダウ30種平均は反発して、

前日比59ドル66セント(0.3%)高の1万8036ドル70セント、

ナスダック総合指数は続落して

前日比10.962ポイント(0.2%)安の4977.287で取引を終えました。

原油先物相場が上昇したことを受け、

ダウはエクソンモービルなどが買われることで上昇しました。

 

日本市場は特段大きな材料がなく、前日に続き

持ち合う動きで、朝方は円高進行で売りが先行しました。

今週の動きパータンから変わらず、

すぐプラス圏に上がったものの

中国の2015年1~3月期の国内総生産(GDP)が

6年ぶりの低い伸び率だったことも加わり、

反落して終わりました。

上げ下げを繰り返すものの方向感のない展開であることに

変わりはなく、決算の動きを待っている状況です。

 

テクニカル的には昨日に引き続き

高値と安値を切り下げる下落の形、

2万円へのタッチを目先の天井として、調整が続いています。

今週は持ち合う動きが続くと判断されるので、

そろそろ中小型の方に仕込みを考えてもいいタイミングでは

ないでしょうか。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆3229億円、

売買高は19億5281万株で、前日よりは少し増えましたが

まだ持ち合いの領域を脱していません。

東証1部の値下がり銘柄数は1137、値上がりは612、

変わらずは131でした。

 

■各市場の動き

日経:                   19,869.76             -38.92         15日

NYダウ(ドル):        18,089.25             +52.55        15日

ドル/円:                119.19 – .22          -0.30円高     15日