TOPICS

2015/04/16

2015年4月16日日経概況

2015年4月16日の東京株式市場は小幅反発しました。

終値は前日比16円01銭(0.08%)高い1万9885円77でした。

欧米市場は上昇して、上げを牽引しましたが、

円高ドル安の進行により引け直前までは下げで維持、

引けにかけて上昇に転じる方向感のない展開が続きました。

しかし、まだ底が固いという印象は強く残しました。

 

前日の米国株式市場は上昇しました。

NYダウ30種平均は続伸して、

前日比75ドル91セント(0.4%)高の1万8112ドル61セント、

ナスダック総合指数は反発して

前日比33.732ポイント(0.7%)高の5011.019で取引を終えました。

3週間ぶりの5,000ポイント台回復です。

欧州の株高に加え、 米主要企業の決算発表が本格化すること

先物市場における原油高などが材料になり買いが進みました。

ダウ平均は上げ幅を一時123ドルまで広げる場面もありましたが、

引き締まって引けました。

20150416NY

日本市場は円高ドル安の基調を嫌気して、

売りが先行して始まりました。

輸出関連株を中心に幅広い業種で売りが先行して、

売りが一巡してからは下値で買いが支える形になり、

急速に下げ幅を縮小、

最終的には上昇に転じてから引けました。

 

特段大きな材料がなく、持ち合う動きが続いていますが、

底値を大きく割り込むような動きは見られないことで、

先高観は依然と強いことを印象付ける相場です。

方向感のない1部の銘柄と対照的なのは

新興市場です。

ジャスダックが11日続伸、連日で年初来高値を更新しています。

また、マザーズも5日続伸で、昨日の解説通り、

中小型に注目するのが直近の得策として考えられます。

テクニカル的には始値から押し上げてくる陽線を形成、

転換線、25日移動平均線から乖離してから、戻ってくる動きが続いています。

直近の動きはトレンドが発生した際の典型的な動きで

(トレンドが発生すると基準線・転換線付近で支えになり、

元の上昇トレンドに戻ることを繰り返す)

両方の線が重なっているので、ここが次の支えの目安になります。

ここも抜けてくると、次は一目均衡表上の上雲がポイントになります。

見やすく大きいチャートは添付のチャートを参照してください。

決算を控えて、様子見の動きが続きますが、

次の方向性が見えて来る日は近い雰囲気です。

 

■各市場の動き

日経:                   19,885.77             +16.01        16日

NYダウ(ドル)         :      18,112.61             +75.91        15日

ドル/円:               119.31 – .34          -0.18円高     16日

20150416Nikkei