TOPICS

2015/04/20

2015年4月20日日経概況

2015年4月20日の

東京株式市場は続落しました。

終値は前週末比18円39銭(0.09%)安い1万9634円49銭でした。

米國市場の軟調な動きや、信用取引に関する中国発の材料が

受給関係の悪化懸念より下げをリードしてきました。

ギリシャ情勢に対する警戒感から、円んがドルやユーロに対して

高く維持した円高の流れも下げを主導しましたが、

底値は固く維持しています。

 

先週末の米国株式市場は大きな続落になりました。

NYダウ30種平均は続落して、

前日比279ドル47セント(1.5%)安の

1万7826ドル30セント、

ナスダック総合指数も続落して

前日比75.976ポイント(1.5%)安の4931.815で取引を終えました。

ダウの下げ幅は3月25日以来1カ月ぶりの大きさでした。

信用取引規制をめぐって、中国株の需給不安や

ギリシャの情勢が影を落としました。

 

日本市場は軟調な欧米市場の影響と、

円高基調の進行によって、先週末より大きくさげてスタートしました。

下げ幅が大きかったことや、中国株が上昇に転じるなどの

外部環境の変化によって下値ではしっかり

押し目が入り、底固く維持しました。

これから本格化する3 月年度末決算発表を控えて

様子見ムードが強く、今週も調整が続いた後は

業績結果を反映しながら上げる動きに戻ると判断しています。

一つ気になるのは、NY市場が天井から下がる動きになっているところです。

 

テクニカル的には空をあけて始まって、

先週末の終値に近づいて引ける陽線を形成。

下では基準線に支えられ、25日線にまたがった状態で引けています。

トレンド発生した時点から確認すると

トレンドが発生した時の特徴でボリンジャーバンドの

2σから1σの間で推移しながら、上昇していきました。

下値では基準線か転換線で支えられる形で、

今までの動きが続くなら、本日は基準線で支えられており、

反発の目安になっています。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆3350億円、

売買高は20億8443万株でした。

様子見ムードが強く大きい商いは期待薄な状態が続いています。

東証1部の値上がり銘柄数は 398、

値下がりは同7割強の1374、変わらずは109でした。

 

■各市場の動き

日経:                   19,634.49             -18.39                  20日

NYダウ(ドル)         :      17,826.30             -279.47                17日

ドル/円:               118.62 – .64          -0.18円高              20日

20150420NY 20150420Nikkei