TOPICS

2015/04/21

2015年4月21日日経概況

2015年4月21日の

東京株式市場は大幅に反発しました。

終値は前日比274円60銭(1.40%)高の1万9909円09銭でした。

中国人民銀行が金融緩和を発表したことを好感して

欧州・米國市場が軒並み上昇したことや、

テクニカル的にも反発しやすい位置にあったことで、

1週間ぶりに1万9,000円台に再び乗せてきました。

 

前日の米国株式市場は大きな反発になりました。

NYダウ30種平均は大きく反発、

前週末比208ドル63セント(1.2%)高の

1万8034ドル93セント、

ナスダック総合指数も反発して

前日比62.787ポイント(1.3%)高の4994.602で取引を終えました。

ダウの上げ幅は3月30日以来3週間ぶりの大きさで、

変動性が高くなっています。

中国人民銀行が預金準備率の引き下げという

金融緩和を発表したことを好感して欧州・米国市場とも

大きく上昇しました。

ダウの動きはテクニカル的に変動性が高まりながら

パターンでは二等辺三角形を形成中です。

煮詰まった先はどちらかにブレイクしやすいが、

このパターンの場合は、上か下かの予測が難しいのが特徴です。

下にぬけるとしばらくは調整が入り、

そのまま夏バテ相場になるため、

今年中盤までは調整が続く可能性も高いと判断できます。

(添付のチャートを参照してください)

 

日本市場は軒並み上昇したな欧米市場の影響で、

世界金融市場に対する不安感が後退、

買い安心感が広がりました。

アジア市場が総じて堅調だったことも加えて、

引けにかけて上げ幅を拡大、力強い伸びで引けました。

 

自動車・電機株を始め、市場をリードする主力株が上昇したことで

市場全体が盛り上がりました。

節目になるところでの反発ですが、

明日も今日の高値をぬけて上昇するかで

上昇相場への戻り、終値での2万円台達成が期待されます。

 

テクニカル的には基準線に支えられて反発した形で、

フィボナッチ分析でみると

78.6%の前で切り返すことで、トレンドが強いことを表しています。

RSIなどのオシレーター系の指標もまだ70に達してない状態で

過熱感はなし、明日以降の上昇で来週までには

終値での2万円台突破を期待します。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆5776億円、

売買高は22億9819万株で商いも活発になりつつあります。

東証1部の値上がり銘柄数は 1300(全銘柄の約7割)、

値下がりは447銘柄、変わらずは134銘柄でした。

 

■各市場の動き

日経:                   19,909.09             +274.60      21日

NYダウ(ドル)         :      18,034.93             +208.63      20日

ドル/円:               119.46 – .48          +0.76円安    21日

20150421NY 20150421Nikkei