TOPICS

2015/04/22

2015年4月22日日経概況

2015年4月22日の東京株式市場は大幅に続伸しました。

終値は224円81銭(1.13%)高の2万0133円90銭でした。

念願の終値での2万円乗せが実現されました。

2000年4月14日以来、約15年ぶりの出来事です。

前日の大幅な上昇により弾みがついた勢いに加えて、

国内企業業績に対する期待が強く、

主力株を中心に幅広い銘柄に買いが入って力強いトレンド相場を

形成してくれました。

 

前日の米国株式市場はまちまちな動きになりました。

NYダウ30種平均は反落して、

前日比85ドル34セント安の1万7949ドル59セント、

ナスダック総合指数は続伸して

前日比19.500ポイント高の5014.102で取引を終えました。

ダウの下落は前日大きくあげた反動に加え、

大手企業の1~3月期の決算内容が芳しくない内容が続いたことから

米国企業の業績に対する不透明感が嫌気された形になりました。

ここのところ下抜きを準備するようなダウの動きに対して

ナスダック総合指数の方はまだ上向き継続で

両市場間のばらつきが気になるところです。

(添付のチャートを参照してください)

20150422NY 20150422NASDAQ

日本市場は上昇した欧州市場に対して、

まちまちな動きになった米国市場の動きは大きな材料にならず、

上昇の勢いがついた自発的なモメンタムで

大きく上昇して始まりました。

2万円台に軽くのせてくると、

海外資金の流入と個人投資家のリスクオン点灯で買いが膨らみ

午前終値214円高の2万123円で引けました。

 

午後に入ると2万円を再び達成したとの達成感から

売りが出て、上げ幅を縮小させてきましたが、

良好な需給関係を背景に底固く維持、

2万100円台をキープして本日の高値付近で引けました。

 

テクニカル的には前日の基準線に支えられて反発した形から

さらに強いトレンドが継続、空をあけての陽線を形成しました。

MACDはMACDとシグナルのゴルデンクロスが目前にあり、

まだ過熱感はない相場ですが、

週末を控えている明日からは少しの持ち合い調整を挟んでも

いいタイミングになっています。

 

勢いにのってきた市場の雰囲気は証券株に反映されやすいですが、

しかも現在出遅れ感が残っているので、

同じ金融圏でも高値警戒感が色ごくなりつつある

メガバンク系よりは、証券系に注目するのが

直近の戦略としては甘みがあるのではないでしょうか。

■各市場の動き

日経:                         20,133.90                    +224.81           22日

NYダウ(ドル) :        17,949.59                    -85.34              21日

ドル/円:                    119.53 – .56                 -0.11円高       22日

20150422Nikkei