TOPICS

2015/04/23

2015年4月23日日経概況

2015年4月23日の東京株式市場は続伸しました。

終値は前日比53円75銭(0.27%)高の2万0187円65銭でした。

15年ぶりの高値更新を継続していますが、

2万円台達成感からやはり上値は重く、

午後一時的に安くなる場面もありましたが、

企業業績への根強い期待感を反映して上昇して終えました。

 

前日の米国株式市場は上昇になりました。

NYダウ30種平均は反落して、

前日比88ドル68セント(0.5%)高の1万8038ドル27セント、

ナスダック総合指数は続伸して

前日比21.069ポイント(0.4%)高の5035.171で取引を終えました。

ナスダック総合指数は日本と同じ状況で、

2000年3月10日以来ほぼ15年1カ月ぶりの高値で引けました。

ダウは最近なにかしら話題を振る舞い、材料のソースになっている

中国の動きを反映して上昇となりました。

“中国政府が国内銀行のカード決済へ

海外企業の参入を認めた“(Reuters)と伝わり

クレジット大手のビザが上昇するなど、

業績期待の材料を中心とした大型株が相場を牽引しました。

 

日本市場は米国市場の上昇を受けて、

続伸して始まりました。

根強く相場を支えている企業の業績期待を反映して伸びましたが、

2万円台にのせた達成感から直近の材料はなくなり、

午後に入るとマイナス圏に沈む場面もありました。

しかし、追加金融緩和が期待されるとの雰囲気が広がると

再び上昇して、2万200円台に迫る位置で引けました。

早い段階から上げてきたセクターには

高値警戒感が広がり始まり、

手遅れ株や中小株株への物色が進む雰囲気です。

 

テクニカル的には高値圏でギャップ開けて

始まってから下がってくる陰線を形成、

市場参加者には高値警戒感を与える形になりました。

転換線からも随分乖離していることから、

週末を要因を考慮すると明日は一足休みを入れる

タイミングだと思ってもいいでしょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆9198億円で、

3兆円に迫ってきました。

売買高は27億5047万株、東証1部の値上がり銘柄数は804、

値下がりは926、変わらずは151でした。

指数としてはあげましたが、

値下がり銘柄の方が多くなっています。

■各市場の動き

日経:                         20,187.65                    +53.75             23日

NYダウ(ドル):      18,038.27                   +88.68             22日

ドル/円:                       119.85 – .88                 +0.28円安       23日

20150423Nikkei 20150423NASDAQ