TOPICS

2015/05/13

2015年5月13日日経概況

2015年5月13日日経概況

東京株式市場は3日続伸しました。

終値は前日比139円88銭(0.71%)高の1万9764円72銭でした。

2週間ぶりの高値で、1万9,700円台を回復してきました。

前日の米国市場が安くなったことで

前日の終値を挟んでの小さい動きに終始しましたが、

後場に入って先物に大口の買いが入ってくると、

先物主導であげに転じてから上昇して引けました。

 

前日の米国市場は続落しました。

ダウ工業株30種平均が続落で、

終値は前日比36ドル94セント(0.2%)安の1万8068ドル23セント、

ナスダック総合指数も続落して

前日比17.384ポイント(0.3%)安の4976.189で取引を終えました。

ドイツなど欧州国債相場の下落で米国長期金利が急速に上昇、

上昇による 資金調達コスト増が米景気の妨げになるとの

見方で株式市場に売りが広がりました。

ダウ平均は180ドル下げ幅を広げる場面もありましたが、

長期金利の上昇が一服することを受け、下げ幅を縮小させました。

20150513DE 20150513DAX

日本市場は冴えない米国市場の動きを引き継ぎ、

方向感のない動きで始まり、昨日の終値を挟んで

小幅の動きが続きました。

後場に入ってからも小さい動きが続きましたが、

先物に大量の買いが入っていることをきっかけに

現物株の方にも波及し、あげに転じました。

 

明確な上昇材料は見当たりませんが、

ギャップ埋めを脱して、再び上昇モードにはいりました。

最近の解説に引き続き、当面は大型・主力株を中心に節目を迎え

トレンド転換してくる銘柄を中心に手がける戦略で

行くのが有効でしょう。

一つ注意点を付け加えておくと

影響範囲が見定まったないので、

間違っても「そろそろいいんじゃない?」という軽い気持ちで

東芝株に手を出すことだけはさけてください。

 

テクニカル的には力のある陽線を形成しながら、

25日線を突破、デッドクロス目前だった

転換線と基準線が接する時点で反発なので、

明日からも引き続き上昇の見方でいっていいですね。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆9213億円、

売買高は27億9159万株で商いは十分、

東証1部の値上がり銘柄数は869、値下がりは880、

変わらずは133でした。

 

■各市場の動き

日経:                   19,764.72             +139.88      13日

NYダウ(ドル): 18,068.23                           -36.94         12日

ドル/円:               119.87 – .90          -0.15円高     13日

20150513Nikkei