TOPICS

2015/05/20

2015年5月20日日経概況

2015年5月20日の東京株式市場は4日続伸しました。

終値は前日比170円18銭(0.85%)高の2万0196円56銭でした。

4月28日以来、約3週間ぶりの 2万円台回復した後、

さらに高値を更新してきました。

前日の欧米株式市場が上昇したことや、

本日の材料になっていた1-3月のGDPが

市場予想をうわまったことで高値を更新する動きが続きました。

 

前日の米国市場は 高値更新が続くことと、

反落するまちまちな動きになりました。

ダウ工業株30種平均が4日続伸で、

終値は前日比13ドル51セント(0.1%)高の1万8312ドル39セント、

一方、ナスダック総合指数は反落して

前日比8.405ポイント(0.2%)安の5070.034で取引を終えました。

 

欧州の市場が堅調に動いたことで、

投資家心理が改善しましたが、

上昇幅の大きかった株には大きな利益確定が出るなど、

連日の上げにそろそろ高値に近づいてきた雰囲気です。

こうなると上値を追うのが難しくなり、どうしても

小さい動きになります。

 

日本市場はお構いなし、ほとんど自力であげる形が続いています。

昨日2万台にのせたことで投資家心理は大きく前向きになり、

上昇幅がだんだん伸びてくると、

投資家が上値を追ってきています。

 

簡単に心理について考えてみますと、

2万円台に再びのせた後でも上昇することを確認した投資家は

「これで2万円台に定着」とみなすことになり、

大台として認識していた2万円を下値の止まるところと

考え始めます。これが抵抗と支持の逆転というものです。

保有している銘柄は当分、利益を伸ばすことに集中する

戦略でいきましょう。

 

テクニカル的には4日連続で窓を形成しながら上昇した後、

ボリンジャーバンドの2σをタッチしてから戻ってきて

終わる陽線になりました。

チャート的には過熱感が気になる形ではありますが、

明確に調整が入るまでは、

2σを押し上げながら上がっていく、バンドウォークの準備を

していると判断したいところです。

 

■各市場の動き

日経:                   20,196.56    +170.18      +0.85%

NYダウ(ドル):        18,312.39    +13.51        +0.07%

ドル(円):               120.89-90    +0.91円安    +0.76%

20150520Nikkei