TOPICS

2015/05/21

2015年5月21日日経概況

2015年5月21日東京株式市場は小幅ながら5日続伸しました。

終値は前日比6円31銭(0.03%)高の2万0202円87銭でした。

2000年4月14日以来、

約15年1カ月ぶりの高値更新を続けています。

 

米国市場はさえない動きをしましたが、

為替市場で121円まで円安が進むことを受け、

輸出株を中心に買いが広がりました。

 

前日の米国市場はまちまちな動きになりました。

ダウ工業株30種平均が5日ぶりに反落して

終値は前日比26ドル99セント(0.1%)安の1万8285ドル40セント、

一方、ナスダック総合指数は申し訳程度の幅で反発して

前日比同1.709ポイント(0.0%)高の5071.743で取引を終えました。

 

ダウは連日で最高値を更新してきた動きから、

目先の利益を確定する売りが広がりました。

参加者の多くが6月の利上げ開始の可能性は低いとみていたことが

明らかになったFOMCの発表で上昇する場面も見られましたが、

連日の高値更新でやはり利益はしっかりとって置きたいとの

思惑が強く働きました。

20150521NY

日本市場は上昇トレンドが強い時の典型的な動きで、

さらなる上昇を期待する投資家の心理が働き、

上昇して始まりました。

連日の高値更新で時価総額も順調に拡大し、

いよいよバブル時の時価総額をも上回ってきました。

その中でもまだPERは低いことは

本物の実力で押し上げてきた感があり、

まだ安心感は強いと言えます。

 

為替相場では121円代に突入、

約2カ月ぶりの円安水準をつけることで、

ファナック、京セラなどの輸出株を中心に上昇しました。

後場に入ると下げに転じる場面も見られましたが、

プラス圏をキープしながら引けました。

 

テクニカル的にみると、2σを押し上げながら

上昇していくバンドウォークを継続していますが、

上昇幅が鈍ってきた感じはあります。

利益確定のエネルギーが溜まっている状態で

明日の週末を迎えるので、通常の動きで考えると、

朝方は利益確定の動きが出てから

午後、下値付近で節目買いを入れることが想定されます。

 

利益がのっている方は、明日あたりの利益確定は当然ある動きとして考え、

慌てることなく、じっくり対応してよいでしょう。

 

■各市場の動き

日経:                   20,202.87    +6.31          +0.03%

NYダウ(ドル):       18,285.40    -26.99         -0.15%

ドル(円):              120.94-96    -0.01円高     -0.01%

20150521Nikkei