TOPICS

2015/05/22

2015年5月22日日経概況

2015年5月22日の東京株式市場は6日続伸しました。

終値は前日比61円54銭(0.30%)高の2万0264円41銭でした。

2000年4月14日以来、

約15年1カ月ぶりの高値更新を本日も続けました。

上に向かってのモメンタムの中で、

日銀が景気判断を強気で発表することで、

投資家心理が改善しました。

 

前日の米国市場はほぼ横ばいでした。

ダウ工業株30種平均はかろうじて上昇して

終値は前日比34セント(0.0%)高の1万8285ドル74セント、

ナスダック総合指数は続伸して

前日比19.051ポイント(0.4%)高の5090.794で取引を終えました。

 

米新規失業保険申請件数、

4月の米中古住宅販売件数、

5月のフィラデルフィア連銀景気指数などの経済指標が

まちまちな結果になったことで、

ダウ平均は方向感を欠いて、前日の終値を挟んでもみ合いました。

 

日本市場は連日の上昇と高値更新が続く中、

朝方さらに昨日の終値からギャップ開けで始まりました。

本日の上昇材料は

①日銀が金融政策決定会合で景気判断を「緩やかな回復を続けている」に変更したこと、

(前回は「緩やかな回復基調」)

②アジア株が総じて上昇こと

以上の2つが主な材料でした。

 

それ以外、特別な材料がない中、

積極的に上値を追い上げる動きはみられませんでしたが、

連日の高値更新にも強気が続き、上昇して終わりました。

 

東証1部の時価総額は591兆3007億円に拡大、

いよいよ終値ベースでバブル期の1989年水準(約590兆円)を

上回って約25年ぶりに過去最高を更新した。

株かは15年ぶり、時価総額20年ぶりと

日本の市場は明るく、アツイニュースが続いています。

 

この状況でも日本企業の業績から考えた株価の水準は

割高とは判断されないレベルで、

(5/22本日ベース 東証1部全銘柄の

株価収益率(PER)は18.75倍、純資産倍率(PBR)は1.43倍)

バブル期のような暴落は考えにくい状況です。

時価総額の推移を見ると、2013年からの拡大は

日本経済の拡大を予実に見せてくれるものです。

(添付のグラフ参照)

20150522CapTSE

 

テクニカル的にみると、陽線を形成したものの、

2σにぶつかってから中に戻る動きで、実質的に昨日の高値と安値を切り下げる

下降の形になっています。

本日の米国市場状況によっては、

来週は一回調整を挟む動きも予想されます。

調整が始まる時は利益をしっかりとって、次のトレンドに備える

賢い投資家になりましょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆4182億円、

売買高は20億7480万株で商いは低調でした。

東証1部の値上がり銘柄は1011、

値下がりは 718、変わらずは154でした。

 

どうすればさらに賢い投資家になれるか?

週末はしっかり休み、「ジョン・シュウギョウ」の本を

しっかり読んでみることです。(笑)

 

今週もお疲れ様でした。

また来週元気な姿でお会いしましょう。

初心者にも分かりやすいジョン・シュウギョウの著書

「世界一やさしい株の教科書1年生」はこちらから参照してください。

http://amzn.to/1AEn9s7

 

■各市場の動き

日経:                   20,202.87    +6.31          +0.03%

NYダウ(ドル):       18,285.40    -26.99         -0.15%

ドル(円):              120.94-96    -0.01円高     -0.01%

20150522Nikkei