TOPICS

2015/06/05

2015年6月5日日経概況

2015年6月5日の東京株式市場は反落しました。

終値は前営業日比27円29銭(0.13%)安の2万0460円90銭でした。

欧州の海外株安を受けたこと、

利益確定売りが広がったことに加えて、

本日の夜予定されている米国雇用統計の発表、

不透明性の残るギリシャの債務返済問題など、

様子見ムード要因で積極的な買いは控えられました。

 

前日の欧州・米国株式市場は一斉に大きな下落になりました。

ドイツのDAX指数は79.02安(-0.69%)の11,340.60、

イギリスのFTSE100指数はさらに大きい下落率で91.22(-1.31%)安の6,859.24で

取引を終えました。

 

欧州の株安を受けて、米国市場も大きな下落になり、

ダウ工業株30種平均は大幅な反落、

終値は前営業日比170ドル69セント(0.9%)安の1万7905ドル58セント、

ナスダック総合指数も反落して

前営業日比40.106ポイント(0.8%)安の5059.125で取引を終えました。

 

欧州の株式市場が大きな下落を強いられたことや

本日の夜に発表される雇用統計の結果を見極めたいとのムードが広がり、

あげる要因が中々見つからないことで、投資家心理が悪化しました。

ダウは5月6日以来およそ1カ月ぶりの安値で、

1万8000ドル台を下回りました。

20150605NY

欧米の株安を受けた日本市場は

利益確定が出やすい週末要因も重なり

売りが先行して下落しながら始まりました。

 

終日マイナス圏で推移した日経は

まともにプラス圏に近づくこともなく

まだ解消されてなかった利益確定の動きを吸収しながら

安く終わりました。

しかし、引けに欠けては下げ幅を縮小させながら

終わったことで、やはり節目では買いが入り、

底固いという印象を与えてくれました。

 

テクニカル的にみると日柄調整に入った様子で、

最近高まっている世界の市場の雰囲気がそのまま

反映されています。

週足では先週のローソクに包まれる持ち合いの形、

今週は一回足元を固める動きになりました。

 

今週もお疲れ様でした。

今週は高値圏に入ってきたことで、大きな上昇要因は見たらず、

持ち合う展開になりました。しかし、悲観的な見方をする必要はありません。

ギリシャの債務問題以外、大きな波乱要因は現在見当たらないので、

この調整をこなして、2万円400円台を下値として固めてから

上に向かう動きが来週以降に予想されます。

 

■各市場の動き

日経:                   20,460.90             -27.29         -0.13%

NYダウ(ドル):        17,905.58             -170.69       -0.94%

ドル(円):               124.42-48             +0.14円安    +0.11%

ユーロ(円):            139.59-62             -0.34円高     -0.24%

 

今週もお疲れ様でした。

ゆっくり休んでから来週も元気な姿でお会いしましょう。

20150605Nikkei