TOPICS

2015/06/16

2015年6月16日日経概況

2015年6月16日の

東京株式市場は続落しました。

終値は前営業日比129円85銭(0.64%)安の2万0257円94銭でした。

ギリシャ債務問題が不透明になることで、欧米市場が続落したこと、

16~17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)、

18~19日の日銀金融政策決定会合など、重要なイベントが待つことで

様子見ムードが広がったことなどで、素直にさげてきました。

上下の動きが激しくなる中、方向感のつかめない市場が続いていますが、

今週始めに予測した通りなので、落ち着いて対応していきましょう。

 

前営業日の米国市場は大幅な続落になりました。

ダウ工業株30種平均は続落しで、

終値は前営業日比107ドル67セント(0.6%)安の1万7791ドル17セント、

ナスダック総合指数も続落して

前営業日比21.129ポイント(0.4%)安の5029.973で取引を終えました。

ギリシャ債務問題で、ギリシャと債権団との交渉が大きな成果なしに終わることで、

ギリシャ株は5%以上の下落、

その他、欧州の主要な市場も全体的にさげたことで、

米国市場にも売りが波及しました。

テクニカル的な観点で見ると、三角形の中に戻ってきたのは

ダマシで終り、再び下落の形に戻る流れになってきました。

20150616NY

日本市場はギリシャ問題の不透明さが続く中、

欧米市場が続落したことを受け継ぎ、下落で始まりました。

下げ幅は一時期150円を超える場面も見られましたが、

2万円台に定着して、支えとして認識する観点が固まりつつあることで、

下値では押し目買いを入れる投資家もまだ多く存在しています。

 

テクニカル的には前日のローソクに囲まれる持ち合いの陰線引き 。

先週末から今日までは持ち合いの動きが続いている様子です。

転換線が降りてきて25日移動平均線をタッチした中、

陰線はそれを囲むように形成されていて、

ブラックボックスのような形になっています。

どちらに飛ぶか予測しにくい形ですが、

見方は「下値を固めつつ、安値を切り上げる動きになる可能性が高い」を

継続したいと思います。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆2639億円、

売買高は19億9441万株で相変わらず低調な商い。

東証1部の値下がり銘柄数は1369、

値上がり銘柄数は405、変わらずは111でした。

 

■各市場の動き

日経:                         20,257.94        -129.85            -0.64%

NYダウ(ドル):                       17,791.17        -107.67            -0.60%

ドル(円):                     123.54-56        +0.03円安       +0.02%

ユーロ(円):                  139.76-80        +1.01円安       +0.73%

20150616Nikkei