TOPICS

2015/06/19

2015年6月18日日経概況

2015年6月18日の東京株式市場は大幅に4日続落しました。

終値は前営業日比228円45銭(1.13%)安の1万9990円82銭でした。

5月18日以来、1ヶ月ぶりに節目として認識されていた

2万円を割り込みました。

FOMCの結果で、ドル安(円高)が急速に進むことで、

輸出株を始め、幅広い銘柄に売りが広がりました。

市場をリードする銘柄が見当たらない中、

当分の調整は余儀なくされるのではないでしょうか。

前営業日には市場の注目を集めていたFOMCがありました。

 

FRBがFOMCで、市場の予想通りゼロ金利の据え置きを発表することで、

年内の利上げがゆっくり進む可能性があると認識され、

長期金利が低下、各国通過に対してドル安が進みました。

 

米国市場は続伸になりました。

ダウ工業株30種平均は続伸しで、

終値は前営業日比31ドル26セント(0.2%)高の1万7935ドル74セント、

ナスダック総合指数も続伸して

前営業日比9.328ポイント(0.2%)高の5064.881で取引を終えました。

長期金利の低下により、株式市場に資金が流入されるとの予測が流れ、

買いが広がりました。ダウは90ドルを超える上昇幅を演出する場面もありました。

 

日本市場はドルが各国の通過に対して安く推移する動きを受け、

大きな材料もない、市場をリードするような銘柄群も存在しない中、

大きな調整を余儀なくなれました。

お祭り騒ぎで突破した2万円台が崩れましたが、

まだ悲観的になるような要素は見当たりません。

下値では押し目を待っていた投資家の買いが入る需給要因の良さ、

実績で証明された企業業績の改善と見通しの良さを考えると、

この調整を挟んで再び上昇を目指す動きになると考えられます。

 

テクニカル的には高値を切り下げながら調整に入る

いわゆるラウンドトップ方の天井を形成、

ネックラインが近づいてきたことで、

ここを下に抜けると幅のある調整も考えられるところです。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆3006億円、

売買高は20億2396万株で相変わらず商いも活発にはなりません。

東証1部の値下がり銘柄数は1479銘柄で全体の8割、

値上がりは330、変わらずは77でした。

 

■各市場の動き

日経:                         19,990.82        -228.45            -1.13%

NYダウ(ドル)            :           17,935.74        -31.26 -0.20%

ドル(円):                     123.04-06        +0.19円安       +0.15%

ユーロ(円):                  139.89-92        +0.10円安       +0.07%