TOPICS

2015/07/01

2015年7月1日日経概況

2015年7月1日の

東京株式市場は2日続伸しました。

終値は前営業日比93円59銭(0.46%)高の2万0329円32銭でした。

米国市場が自律反発をみせた流れを引き継ぐとともに、

朝方発表された6月の日銀企業短期経済観測調査(短観)が市場予想を上回ったことで、

投資家心理が改善、2日前の大きな下落を打消しにかかっています。

 

前日の米国市場は反発になりました。

ダウ工業株30種平均は反発しで、

終値は前営業日比23ドル16セント(0.1%)高の1万7619ドル51セント、

ナスダック総合指数は5日ぶりに反発して

前営業日比28.399ポイント(0.6%)高の4986.867で取引を終えました。

欧州市場は大きく下げましたが、

(ドイツ株DAX138ポイント安の10944、

ロンドン株大幅続落の99.50ポイント安で終了)

前日の大きな下落への反動で自律反発の動きがある上に、

6月の消費者信頼感指数が市場予想を大幅に上回ることで、

消費心理が改善されたことが確認され、買いにつながらました。

ダウはマイナスに沈んだ後、118ドルまで上げるなど

上下変動幅が広く方向感のない動きが続きました。

20150701NY

日本市場は反発した米国市場の動きを参考に、

買いが先行して、小幅の上昇で始まりました。

瀬戸際にきて、ギリシャ問題が解決される期待もありましたが、

まだ不透明さが強く残る中、積極的に上値を追う動きには

なりにくいというのが市場の見方でしたが、

アジア市場が総じて堅調な動きになったことや、

好調な経済指標を材料に100円近い上昇幅で終わりました。

 

 

ギリシャ問題が例え劇的に解決されるとしても

それは脳腫瘍患者にもう一枚サロンパスを貼ったようなことで、

根本的な解決作にはならず、期限が迫るとまた同じことを繰り返すだけです。

 

テクニカル的に注目するところは、

一目均衡表上では上雲の上辺に近づいてきて、

もう一度調整に入る際はここが支えになって

トレンドを転換、上昇してくるかです。

反発した際の次のポイントは6/30に開けたギャップ上と

長期のパーティションが抵抗になり、反落するかで、

ここを突破できない場合は、再び調整が入るというのがテクニカル的な分析です。

20150701Nikei

デフォルトになろうが、ギリシャ政府が白旗を上げて全面的に緊縮施策を受け入れようが、

当分は神経質な動きが続きますが、

後から考えて見れば“買ってよかった”と言える

買いタイミングだと判断しています。

 

■各市場の動き

日経:   20,329.32   +93.59   +0.46%

NYダウ(ドル):   17,619.51    +23.16    +0.13%

ドル(円):  122.55-58    +0.31円安    +0.25%

ユーロ(円):   136.50-54              -0.02円高    -0.01%

 

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは

TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/