TOPICS

2015/07/16

2015年7月15日日経概況

2015年7月15日の東京株式市場は3日続伸しました。

終値は前営業日比78円00銭(0.38%)高の2万0463円33銭でした。

前日の欧米株式市場の堅調な動きで上昇して始まりましたが、

昨日までの解説取り、2万500-600円付近になると

利益確定の動きと戻り待ち売りが出て上値は重くなりました。

この動きを数回こなす必要があり、想定される動きとして捉えて

じっくり取り組んでいく必要があります。

 

前日の米高市場は4日続伸しました。

ダウ 30種平均は4日続伸して

前営業日比75ドル90セント(0.4%)高の1万8053ドル58セント、

ナスダック市場も続伸して

前営業日比33.379ポイント(0.7%)高の5104.891で取引を終えました。

大きな上昇材料は見当たらない中、外部環境の改善だけで

上値を力強く更新するには至らず、上げ幅は縮まってくる雰囲気でおわりました。

4日間の上げ幅は538ドルに達したことで、利益確定が出る心理も整ってきました。

 

日本市場は堅調な欧米市場の流れを継いだ上に、前年同期比7%成長したと発表された

中国のGDP動向を材料に上昇して始まりました。

始値20,478円と前日終値 から93円高くスタートしましたが、

3日続伸して利益確定出やすい雰囲気の上に、

日銀黒田総裁会見やFRBなど主要なイベントを前に様子見ムードも広がり

上げ幅は限定的で、+78円の20,463円で陰線を形成しながら引けました。

 

ギリシャ問題はすっきりしない形で収束に向かう形ですが、

市場をひやひやさせ始めているのは中国側の態度です。

誰も疑いの視線を送ってないにも関わらず、

中国の関係者から「7%は釣り上げた数字ではない」と余計な発言をすることで、

言葉とおり余計な疑いを買ってしまいました。

(そう言っているあなたの方が信用できないよと、

公式的な場では絶対言えませんので、コメントは控えます)

 

ニュース一つで神経質に反応する相場環境なので、

このような「余計な動きは」困りモノですが、

動揺せずに対応していきましょう。

 

中国側があたふたしてところなので、

今後の投資戦略としては、中国関連株として分類される銘柄

(例えばコマツ、日立建機、新日鉄住金など)は乱高下しやすいことから

当分ポートフォリオから外して置くのが無難でしょう。

 

テクニカル的には3日連続で空を開けて上昇するいわゆる「3空」を形成、

「3空開けは売り」の言葉とおり、利益確定が出やすく、

明日は週末ということもあるので、午前中は売りが先行する可能性が高いです。

売りが一巡した後は押し目買いも入りやすいことから、

保持しているものがよほどの下落でなければ、

様子見を決め込むことでもいいでしょう。

 

 

■各市場の動き

日経平均(円):  20,463.33     +78.00       +0.38%

NYダウ(ドル): 18,053.58     +75.90           +0.4%

ドル(円): 123.93-96         +0.48円安   +0.39%

ユーロ(円): 135.82-84           +0.11円安          +0.08%