TOPICS

2015/07/23

2015年7月22日日経概況

2015年7月22日の東京株式市場は小幅で7日ぶりに反落しました。

終値は前営業日比248円30銭(1.19%)安の2万0593円67銭でした。

前日まで6営業日続伸して、1060円(5%以上)上昇していたことや

欧米株式市場がさえないこと、為替市場で円高が進んだことなどから

幅のある調整に入りました。

出るべき動きが出て、調整に入っただけなので、悲観的になる

要素はみあたらない動きでした。

 

前日の米高市場は大きく反落になりました。

ダウ 30種平均は反落

前営業日比181ドル12セント(1.0%)安の1万7919ドル29セント、

ナスダック市場も反落して

前営業日比10.739ポイント(0.2%)安の5208.120で取引を終えました。

四半期決算発表が続く中、

ユナイテッド・テクノロジーズやIBMの業績発表で大きく下げ、

ダウ全体の下げにも大きく貢献しました。

取引後に発表されたアップルの業績は増収増益になったものの

iPhoneの減速が投資家心理を冷やし、時間外取引で大きく下げました。

日本市場は決算発表シーズンを迎えることで、

ニュース関連で敏感に動く相場になりつつあります。

前日まで1,000円以上6日続伸したことで、利益確定はいつでも出てくることが

想定されていた雰囲気に、

大きく調整した欧米市場の影響で幅のある調整を強いられました。

また、アップルのiPhoneが市場予想を下回る実績になったことで、

アップル関連と区分される精密部品メーカーの銘柄が

総じて軟調な動きになることで下げ幅を拡大させました。

 

大きく下げたものの、1,000円を超える連勝の上昇幅を考えると、

出ていいたイミングで現れた利益確定の範囲内での動きなので

素直に流れにそって行動すればいいでしょう。

日本市場においても業績発表が本格化してくるので、

発表予定されている日が近づくと波乱要因が大きくなるので、

サプライズを過ぎてから投資に挑むのも有効な戦略でしょう。

■各市場の動き

日経平均(円20,593.67                  -248.30                  -1.19%

NYダウ(ドル):17,919.29       -181.12      -1.00%

ドル(円): 123.73-76        -0.65円高            -0.52%

ユーロ(円):  135.35-40   +0.68円安     +0.50