TOPICS

2015/07/23

2015年7月23日日経概況

2015年7月23日の東京株式市場は反発しました。

終値は前営業日比90円28銭(0.44%)安の2万0683円95銭でした。

決算発表が本格化する中、日本企業の業績に対する期待の高さから

上昇はしましたが、全体的に押し上げるような動きではなく、

材料のある個別銘柄に対する物色を中心とする様子見モードです。

 

 

前日の米高市場は続落になりました。

ダウ 30種平均は反2日続落して

前営業日比68ドル25セント(0.4%)安の1万7851ドル04セント、

ナスダック市場も続落して

前営業日比36.351ポイント(0.7%)安の5171.769で取引を終えました。

四半期決算発表が本格化して、

主要なIT企業も実績を発表しています。

昨日はユナイテッド・テクノロジーズやIBMの 下げがあり、

当日ではアップルやマイクロソフトの発表で大きく下げました。

下げ幅が100ドルを超える場面もありましたが、

引けにかけて下げ止まり、少し戻してから終わっています。

 

20150723NY

20150723AAPL

日本市場も決算発表が本格化する中で、

業績に対する期待で買いが集まりつつ、

積極的に上値を追う動きにはなっていません。

決算発表シーズンの特徴で、一旦全体の流れがわかるまでは

個別の材料を中心に物色される動きになりやすいです。

 

前場を上昇して引けましたが、午後に入ってもその水準を挟んでの

動きが続き、様子見ムードが強いと言えます。

外部のニュースとしては、ギリシャ議会が銀行の破綻処理手続きなどを柱とする

財政改革法案を可決したことくらいですが、

もはやギリシャ・中国ショックは関心が薄れてきています。

 

テクニカル的には年初来高値に近づいていくと利益確定の動きが

でて下がる、下がると押し目買いがはいるなど、方向性の掴みにくい

動きになっています。この持ち合いを上に抜けるには

決算が期待通り揃ってからファンダメンタル的な地合いの硬さが

確認されることが必要になるでしょう。

 

材料についていき、買ったり売ったりするのが疲れる方は、

このシーズンをスルーしてからゆっくりはいるのもよいでしょう。

 

■各市場の動き

日経平均(円): 20,683.9      +90.28             +0.44%

NYダウ(ドル): 17,851.04  -68.25       -0.38%

ドル(円):     124.05-08      +0.31円安   +0.25%

ユーロ(円): 135.58-62     +0.12円安    +0.09

20150723Nikkei