TOPICS

2015/07/29

2015年7月29日日経概況

2015年7月29日の東京株式市場は小幅に4日続落しました。

終値は前営業日比25円98銭(0.13%)安の2万0302円91銭でした。

欧米市場の株高や3日続落の反動を受けて

朝方は買いが先行しましたが、

ファナックなどの値がさ株がさえない決算発表をした結果

市場全体が足を引っ張られました。

しかし、形は目先の底から抜け出す形を演出しているので、

テクニカル的に注目する価値はあります。

 

前日の米高市場は大幅な反発になりました。

ダウ 30種平均は 大きく反発して

前営業日比189ドル68セント(1.1%)高の1万7630ドル27セント、

ナスダック市場も反発して

前営業日比49.430ポイント(1.0%)高の5089.206で取引を終えました。

原油先物相場がひとまず下げ止まったこと、

前日まで5日感大きく下げた結果、自律反発が入り安い環境であったことで、

大きく買われました。

 

日本市場は欧米市場の株高や前日までの3日続落の反動を受けて

朝方は買いが先行して始まりました。

しかし、その流れは長続きしませんでした。

ファナックや東エレクなどの機械系の株が28日に

業績予想を下方修正した結果を受けて大きく値を下げました。

 

その影響で、機械、電気機器などの主力株に売りが入り

上昇幅は消えてしまい、マイナス圏に沈みました。

下値では押し目を拾う動きもみられた結果下げ渋りましたが、

米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を

30日未明に控えていることで様子見ムードも強く、

結局膠着する形で引けました。

 

ファンダメンタル的にはこれといった材料が見当たらない中、

テクニカル的には75日線をひげでタッチした後、25日線を越えようと

頑張っていることで反発の兆しは見え始めています。

 

当分、決算結果を好感した個別銘柄の物色が強い

膠着相場は続きそうです。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆4597億円、

売買高は20億3392万株で、商いも膠着した雰囲気。

東証1部の値下がり銘柄数は847、値上がりは920、

変わらずは116でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):20,302.91     -25.98    -0.13%

NYダウ(ドル):17,630.27    +189.68    +1.09%

ドル(円):  123.65-70  +0.01円安   +0.01%

ユーロ(円): 136.45-48    -0.29円高   -0.21%