TOPICS

2015/08/13

2015年8月13日日経概況

2015年8月13日東京株式市場は3日ぶりに大幅に反発しました。

終値は前営業日比202円78銭(0.99%)高の2万0595円55銭でした。
もっとも大きい注目材料である中国による人民元の切り下げが
ひとまず落ち着いたことや 、前日の大幅な下落に対する反動で
大きく反発する動きになりました。
反発というものの前日のローソクに包まれる持ち合いで、
完全に下げ止まったと安心するには早すぎると言えます。

前営業日の米高市場はほとんど動きなしと反発のまちまちになりました。
ダウ 30種平均は横ばいで
前営業日比33セント(0.0%)安の1万7402ドル51セント、
ナスダック市場は反発して
前営業日比7.597ポイント(0.2%)高の5044.387で取引を終えました。

中国人民銀行が12日、連日で 人民元相場を切り下げたことで
欧州市場 が下落、米市場でもその流れを引き継ぎ、
売りが先行してスタートしました。
下げ幅は一時277ドルに達する場面もありましたが、
最近の下げで割安感が出てきた優良株を中心に
買いが入ることで、 投資家心理が少しずつ改善しました。

日本市場は3日連続の基準値切り下げ発表に備えて、
様子見するモードで下げが主導しました。
3日目は1.1%切り下げで止まること、
昼に人民銀が元相場を安定させる方針を示すことで、買い安心感が広がると同時に、
前日の大きな下げで自律反発の動きになりやすいということなどで
プラス圏に浮上しました。

高値に近い202円上昇まで進んで引けましたが、
テクニカル的には前日の高値を越えられない持ち合いの陽線を形成しました。
ただし、75日線を目前に止まって、支えになっていることは
一つの安心材料にはなれます。
しかし、持ち合いはあくまでも持ち合い
まだ安心して買いを多めに盛り込むような場面ではありません。

やはり昨日と今日で形成されている持ち合いの高値を上に抜けて
上昇を準備する動きを見せて欲しいところです。

東証1部の売買代金は概算で2兆8890億円、
売買高は24億2065万株でした。
騰落数では面白い動きになっていて、東証1部の値上がり銘柄数は830、
値下がりは927、変わらずは132でした。

■各市場の動き

日経平均(円):20,595.55   +202.78    +0.99%
NYダウ(ドル):17,402.51    -0.33    0.00%
ドル(円):124.48-52   +0.01円安      +0.01%
ユーロ(円):138.42-46   +0.07円安    +0.05%