TOPICS

2015/08/18

2015年8月17日日経概況

2015年8月17日の東京株式市場は反発しました。

終値は前営業日比100円81銭(0.49%)高の2万0620円26銭でした。

前週末の米国株式市場の好調な動きを受けて、

人民元の 切り下げによるショックが 一服したと受け止められたこと、

マイナスが予想されていた4~6月期の国内総生産(GDP)速報値が

市場予想より小さいマイナス幅だったことが、

投資家心理が改善しました。

 

前営業日の米高市場は反発する動きになりました。

小幅の反発と反落になりました。

ダウ 30種平均は小幅の反発で

前営業日比69ドル15セント(0.4%)高の1万7477ドル40セント、

ナスダック市場も反落して

前営業日比14.677ポイント(0.3%)高の5048.235で取引を終えました。

 

7月の卸売物価指数(PPI)が前月比で上昇するなど

好調な経済指標が発表されたことや

中国の人民元の 切り下げによるショックが 一服したと受け止められ

投資家の心理が改善しました。

 

日本市場は好調な米国市場の流れ引き継ぎ、

上昇してはじめて、150円の上昇幅を見せる場面もありました。

市場予想よりマイナス幅は少なかったもののGDPの減速懸念が浮上すると同時に、

19日に米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨などのイベントを控えて

上昇幅が縮小され、取引は様子見ムードが強くなりました。

 

上昇はしたものの、8/12から続く持ち合いの中に収まる

持ち合い相場が続いている中、

今週も材料に欠けることで、高値を切り上げながら

上昇する相場になるには厳しい環境です。

 

持ち合いが続くので、自分が決めたポイントに到達しないと

慌てて買ったり、売るなどの無駄な行動はしなくていいのではないでしょうか。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆9480億円(速報ベース)で、

4カ月ぶりの低さで2兆円を下回りました。

東証1部の売買高は17億882万株、

東証1部の値上がり銘柄数は1289、

値下がり銘柄数は492、変わらずは109でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):20,620.26    +100.81   +0.49%

NYダウ(ドル):17,477.40    +69.15    +0.40%

ドル(円):124.55-56    +0.22円安    +0.18%

ユーロ(円):137.88-90              -0.47円高     -0.34%