TOPICS

2015/08/26

2015年8月26日日経概況

2015年8月26日の東京株式市場は大幅に反発しました。

終値は前営業日比570円13銭(3.2%)高の1万8376円83銭でした。

直近の下げ幅が大きかった分、戻すスピードも早く

今年最大の上げ幅となりました。

先週末より2,000円以上下げたことに加え、

25日夜の中国 中央銀行による追加金融緩和の決定が発表されると、

中国・上海株が底堅く推移した結果、日経にも買いが入りました。

 

前日の米国市場は6日続落しました。

ダウ工業株30種平均は続落して、

前営業日比204ドル91セント(1.3%)安の1万5666ドル44セント、

ナスダック総合株価指数も6日続落し、

前営業日比19.760ポイント(0.4%)安の4506.488で取引を終えました。

ダウは2014年2月6日以来の安値、

ナスダック総合株価指数は10カ月ぶりの安値でした。

 

同日の日経とほぼ同じ動きをしたことがアイロニーです。

25日夜の中国 中央銀行による追加金融緩和の決定が発表され、

400ドルの上昇幅を見せるほど買いが進む場面もありましたが、

上値が重くなり、次第に下落に転じました。

米国市場にはまだ先行きに対する不透明感が強く、

投資家心理は依然、不安が強い雰囲気です。

 

日本市場は直近の1週間で2,000円以上を下げたことから

自律反発しやすい位置にいたことに、

25日夜の中国 中央銀行による追加金融緩和の決定が発表されたことが加わり、

買いが先行して始まりました。

 

底値圏に入りながら売買高が高まり、

今年最大の上げ幅を演出したことで、

底入れの雰囲気は整いつつあります。

ただし、テクニカル的に見ると、本日の安値が前日の安値を割り込み、

形としては持ち合いになっていることが懸念事項です。

 

もう一度本日の高値を切り上げ、トレンド転換することを確認してから

買っていく雰囲気なのかを確かめるのがよいでしょう。

 

またファンダメンタル的には、

1. 米国市場がまだ不安定な動きをしていること、

2. 中国市場・景気に関してはまだなにも根本的な対策がなされてないこと

3. 9月と予想されてきた米国の利上げが控えていることから

一気に戻す動きよりは途中で乱高下を挟みながら

戻る動きが想定されます。

 

東証1部の売買代金は概算で3兆8000億円、

売買高は34億4739万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は1792と全体の95%、

値下がりは92、変わらずは10でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):18,376.83   +570.13     +3.20%

NYダウ(ドル):15,666.44    -204.91    -1.29%

ドル(円):119.53-56    -0.19円高     -0.16%

ユーロ(円):137.29-32               -0.75円高     -0.54%