TOPICS

2015/08/27

2015年8月27日日経概況

2015年8月27日の

東京株式市場は続伸しました。

終値は前営業日比197円61銭(1.08%)高の1万8574円44銭でした。

世界株安が収束する動きになり、前日大きく反発した

米国市場の動きを引き継ぎ、上昇してきました。

円安に振れた為替市場の動きも上昇に拍車をかけましたが、

上値では利益確定に押されて上げ幅を縮小させながら引けました。

 

前日の米国市場は前日の日本株の反発などを受け、大きく反発しました。

ダウ工業株30種平均は反発して、

前営業日比619ドル07セント(4.0%)高の1万6285ドル51セント、

ナスダック総合株価指数も7日ぶりに反発して、

前営業日比191.048ポイント(4.2%)高の4697.536で取引を終えました。

ダウの上昇幅は7年ぶりの大きさで、

変動性が高くなっています。

 

日本市場は大幅に反発した米国市場の動きを引き継ぎ、

円安に振れた為替市場の動きも加わり、買いが先行して始まりました。

400円以上あげる場面も見られましたが、

上値では利益確定に押され、上昇幅が縮小されました。

中国から出てきたニュースもアジア市場の全面高を誘導しました。

 

中国の中央銀行である人民銀は

25日の政策金利や預金準備率の引き下げに続いて

短期流動性オペ(SLO)を通じて1400億元(約2兆6000億円)を

市場に供給したことを発表した。

それを背景に米国市場に買いが広がり、本日のアジア市場も支えました。

 

暴落の後、2日続伸したことで、底値入りへの期待感は強いですが、

本日の上値が重かったことが不安材料として残っています。

 

テクニカル的に考えると、底入りした形になって、

前日の高値を切り上げながら上昇、

震災やリーマンショックのようなきつい下げを演出した今回の調整が

同じ形になるとしたら、ここが底入りだと判断していいのではないでしょうか。

 

それでもいきなり大きな資金を投入してポジションを取るよりは

乱高下を織り込みながら、ポジションを増やしていくのがいい戦略と考えられます。

明日は2日の続伸の後迎える週末なので、

午前中に利益確定が広がった後は、午後から再び買っていく動きが予想されます。

空売りポジションをまだ保持している方は、急激な上昇に備えてください。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):18,574.44     +197.61     +1.08%

NYダウ(ドル):16,285.51     +619.07    +3.95%

ドル(円):120.34-36     +1.08円安     +0.91%

ユーロ(円):135.85-88    -1.47円高     -1.07%