TOPICS

2015/08/31

2015年8月31日日経概況

2015年8月31日の東京株式市場は反落しました。

終値は前営業日比245円84銭(1.28%)安の1万8890円48銭でした。

暴落の後、急速な反発になった先週末までの動きから、

想定されていた自立調整の範囲内で推移しました。

先週まで積み上げていた利益確定の動きと、

米株市場の反落、中国市場の軟調な動きも投資家心理を抑える要因となりました。

 

前日の米国市場は小幅に反落と続伸、まちまちな動きになりました。

ダウ工業株30種平均は反落して、

前営業日比11ドル76セント(0.1%)安の1万6643ドル01セント、

ナスダック総合株価指数は小幅に続伸して、

前営業日比15.617ポイント(0.3%)高の4828.325で取引を終えました。

日経同様、ダウも急激な戻しに伴う利益確定の動きがひろがりました。

 

ダウ平均は 6営業日で1870ドル以上を下げた後、

27日までの2日間で1000ドル近くを戻すなど変動性が高くなっています。

 

日本市場はまちまちで方向性の欠けた米国市場の動きと、

先週末までの急速な反発からくる利益確定の動きが重なり

130円安くスタートしました。

心理的な支えになることで、最近工房が激しい19,000円を挟んで、

結局は下回り安値圏で推移し、−245円で本日の取引を終えました。

 

先週末は「来週以降は戻り待ち売りの調整を挟みながら、

上昇トレンドに戻るかが注目ポイントです。」と解説しましたが、

調整が早くも現れている格好になりました。

 

テクニカル的には下ヒゲを持つ陰線を形成、金曜日の高値が転換線をタッチしてから

下げて終わり、そのローソクを切り下げることで、目先の天井を形成しています。

日経は、8月11日の高値20,946円から26日の安値17,714円まで、

なんと3,232円もの暴落(−15.43%)を演出してから、

急速に戻す動きとなっていました。

今日の−245円反落とローソクの形から考えると、

3,232円に対し、テクニカル的に期待されていた「半値戻し」になる

19,300円台までは届かなかったがことで、まだ調整の動きが強いと判断できます。

今週末まではもう一度底を作りに言って、ダブルボトムを形成してからは

上に戻る可能性が高いでしょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆7460億円で、

3挑円には届きませんでした。売買高は24億7360万株で、

東証1部の値下がり銘柄数は897、値上がりの918、変わらずは79でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):18,890.48   -245.84    -1.28%

NYダウ(ドル):16,643.01  -11.76   -0.07%

ドル(円):121.20-22   +0.45円安              +0.37%

ユーロ(円):135.87-90              -0.53円高    -0.39%

20150831Nikkei