TOPICS

2015/09/01

2015年9月1日日経概況

2015年9月1日の

東京株式市場は反落しました。

終値は前営業日比724円79銭(3.84%)安の1万8165円69銭でした。

海外市場が軒並み株安に進んだことや、

為替市場で円高基調になったこと、上海市場が不安定になったことで、

リスクオフの動きが続きました。

解説した通り、今週はダブルボトムを作る動きが続きそうです。

 

前日の米国市場は下落になりました。

ダウ工業株30種平均は下落して、

前営業日比114ドル98セント(0.7%)安の1万6528ドル03セント、

ナスダック総合株価指数も下落して、

前営業日比51.817ポイント(1.1%)安の4776.508で取引を終えました。

S&P500種株価指数でも全10種のうち 9種(「エネルギー」のみ上昇)が

下落する全面安の動きになりました。

中国の上海株式相場が反落したことに加え、

欧州株式相場も 軟調だったことが売りを誘いました。

 

日本市場は欧米市場が全面安になった動きを受け、

売りが先行して127円安くスタートしました。

為替市場で円高基調になったこと、

上海市場が軟調な動きになったことで投資家心理が冷え込み、

売りが売りを誘う形で−724円の1万8,165円で本日の取引を終えました。

 

テクニカル的には昨日解説した

「今週末まではもう一度底を作りに行って、ダブルボトムを形成してからは

上に戻る可能性が高いでしょう。」通りの動きになっています。

乱高下は予想されていたものなので、

この状況が好ましくない方は相場の観察に回る方が賢明でしょう。

いつもいっているように「やらなくてもいい相場でやらない自由」があるのが

個人投資家の強みです。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆7709億円、

売買高は26億6428万株で、商い自体はまだ衰える気配がありません。

東証1部の値下がり銘柄数は1837と全体の約97%、上海ショック時の99%よりは

少ないですが、全面安であることに間違いはありません。

値上がり銘柄数は47、変わらずは10でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):18,165.69    -724.79    -3.84%

NYダウ(ドル):16,528.03   -114.98    -0.69%

ドル(円):119.78-82    -1.40円高     -1.16%

ユーロ(円):135.10-14              -0.82円高    -0.60%