TOPICS

2015/09/02

2015年9月2日日経概況

2015年9月2日の東京株式市場は小幅に続落しました。

終値は前営業日比70円29銭(0.39%)安の1万8095円40銭でした。

前日に大きく下げた米国市場の動きを引き継ぎ

安く始まりましたが、途ちゅで買い戻され一時は前日の終値を上回るプラス圏に

転じるなど方向感のない展開が続いて小幅続落で引けました。

上げこそならなかったものの、ダブルボトムを作ってから

落ち着きを取り戻す動きになってきたと判断します。

 

前日の米国市場は大幅な続落になりました。

ダウ工業株30種平均は続落して、

前営業日比469ドル68セント(2.8%)安の1万6058ドル35セント、

ナスダック総合株価指数も下落して、

前営業日比140.403(2.94%)安の4,636.105で取引を終えました。

中国株安の影響が引き続き世界株式市場の下落を招き

(ドイツ株DAX243ポイント安の10015 、

ロンドン株 189.40ポイント安で終了)

投資家心理に重くのしかかっています。

 

日本市場は前日に引き続き欧米市場が全面安になった動きを受け、

売りが大きく先行して304円安くスタートしました。

前回の安値8/26の17,714円に接近する始値でスタートしたことで

市場は不安に包まれましたが、結局は始値が当日の安値になり

前回の安値を割らずに切り返す形になりました。

 

空売りに走っていた外資系の短期筋が買い戻しに回って、

値段が踏み上げられると、再び上値を押さえられるなど

変動性が高く、方向感のない展開が続きました。

 

短期勝負を得意とする機関同士の戦いになり、

個人投資家が入る余地はあまりない相場が続きます。

別に驚くような動きではなく、先週末から解説している通りで

上下激しく動きながら底を抜け出そうとする

動きが続くでしょう。

 

テクニカル的な節目と認識されていた

8/26の安値17,714円を割らずにダブルボトムを作る動きになっていますが、

まだ今日の段階で結論付けるのは早いと言えます。

まだ上昇したわけではないので、本日の安値を割り込んで

8/26の安値も割り込む可能性は十分残っているからです。

明日から今日の高値を切り上げていくことを確認してから

判断しても遅くはないでしょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆9654億円、

売買高は29億3995万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は 1482、

値上がりは339、変わらずは74 10でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):18,095.40    -70.29     -0.39%

NYダウ(ドル):16,058.35    -469.68    -2.84%

ドル(円):120.01-10     -0.04円高    -0.03%

ユーロ(円):135.28-34               -0.62円高     -0.46%

20150902Nikkei