TOPICS

2015/09/11

2015年9月11日日経概況

2015年9月11日の東京株式市場は小幅に続落しました。

終値は前営業日比35円40銭(0.19%)安の1万8264円22銭でした。

明確な要因が見当たらない中、週末要因でポジションを手仕舞う動きや

来週初に主要なイベントが控えていることもあり、

前日の終値を挟んで様子見の相場になりました。

下げは一服したこととして見られることができ、

来週からの回復基調を期待させる一週間になりました。

 

前日の米国市場は小幅な反発となりました。

ダウ工業株30種平均は小幅反発で、

前営業日比76ドル83セント(0.5%)高の1万6330ドル40セント、

ナスダック総合株価指数も反発して、

前営業日比39.722ポイント(0.8%)高の4796.251で取引を終えました。

 

10日のアジアや欧州市場が総じて下げたことを受け

(ドイツ株DAX92ポイント安の10210 、

ロンドン株も反落して73.20ポイント安で終了)

米国市場でも投資家心理が冷で、 売りが先行して始まりましたが、

基本は方向感に欠け、前日の終値を挟んでの動きで終始しました。

 

日本株式市場は大きな材料になるような要因はなく、

欧米市場がまちまちな動きをみせたことで、

とりあえずポジションを手仕舞う動きから始まりました。

朝方は売りが先行、144円安く始まりました。

売り一巡後は下げ幅を縮小し、前日の終値を挟んでの動きとなりました。

 

来週に予定されている日銀金融政策決定会合、

米連邦公開市場委員会(FOMC) など主要なイベントが

控えていることから、その結果を見極めたい雰囲気が強く

様子見ムードが強く支配しました。

終わって見ると −35円の18,264円で今週の取引を終えました。

 

テクニカル的には昨日のローソクに包まれる

上髭の長い陽線を形成、ローソクの幅が狭まってきていることで

強い上昇期待よりは、落ち着きを取り戻していると解釈するのがよいでしょう。

20150911NikkeiDaily

週足では先週52週線を割り込んでから、今週は暴騰でぬこうとしましたが、

結局は上髭でタッチすることに終わり、形は高値と安値を切り下げる

下落の形になりました。

20150911NikkeiWeekly

 

来週以降の動きとしては、下値が落ち着きつつあるので、

調整を挟みながら、下げ幅の半値戻しに挑むと考えられます。

8月11日の高値20,946円から直近の安値である、

9月8日の17,415円まで下げ幅は3,531円、

これに対する「半値戻し」の19,180円付近なので、

まずは1万9,000円台への回復を目指して動くと見られます。

その後、年末にかけて2万円台を目指すことになると判断しています。

 

今週もお疲れ様でした。

個人的なことで恐縮ですが、明日の9月12日はジョンの新刊

「世界一やさしい株の信用取引の教科書1年生」が正式発売されます。

週末ということもあり、調整局面や暴落では何をすべきか、

ぜひ手にとってじっくり読まれてみるのはいかがでしょうか。

 Year2CoverIcon

来週、すっきりした頭で戻ります。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):18,264.22   -35.40   -0.19%

NYダウ(ドル):16,330.40    +76.83   +0.47%

ドル(円):120.55-58    -0.32円高    -0.26%

ユーロ(円):136.04-08    +0.78円安    +0.58%