TOPICS

2015/10/07

2015年10月07日日経概況

2015年10月07日の東京株式市場は6日続伸しました。

終値は前営業日比136円88銭(0.75%)高の1万8322円98銭でした。

6日続伸は2ヶ月半ぶりで、市場の雰囲気を1万8,000円台に安着させる動きになりました。

日本郵政関連で一部では過熱感が懸念される中、

サプライズのない日銀の金融政策維持発表で底硬さを確認すると、

上げてくる力強さを見せつけました。

 

前日の米国市場は 続伸と反落まちまちになりました。

ダウ工業株30種平均は大幅な上昇で、

前営業日比13ドル76セント(0.1%)高の1万6790ドル19セント、

ナスダック総合株価指数は5日ぶりの反落で、

前営業日比32.903ポイント(0.7%)安の4748.361で取引を終えました。

 

原油先物相場が大きく上げたことで、

ダウの石油・資源関連株が買われて上昇をリードしました。

しかし、直近の急速な戻りに伴い、上値は重くなり、

上げ幅を著しく縮小させながら引けました。

テクニカル的にはボリンジャーバンドの2σを飛び出したので

一服感も出やすい雰囲気です。

 

日本株はまちまちな米国市場の動きを引き継ぐと共に、

日銀の発表を控えて様子見ムードが広がり、

前日の終値を挟んでの方向感のない展開になりました。

追加緩和は期待した市場の雰囲気とは違い、金融政策の現状維持が明らかになると

190円まで下げる場面もありましたが、

安値は割り込まない力強さが確認されると、急速に買い戻されました。

 

黒田さんの発言は強気継続でありながら、

言い方としては追加緩和3弾を期待させるようにニュアンスも残こしています。

(つまり分かりにくいということですよ)

 

テクニカル的には前日のローソクに並ぶ形で陽線を形成、

方向感は掴みづらい動きになりました。

しかし、1万8,000円付近に位置している25日線をしっかりサポートにしていることから

地合いの強さは確認されています。

昨日あたりから、利益ののってきた銘柄の中から

利益確定になる銘柄や続伸する銘柄が混在して現れているので、

一回調整が入る雰囲気になりつつあります。

 

一回調整が入ると1万7,800円台までを最初の目処に考えてください。

ここから引き返すと市場の体力が回復してきたと

確認する材料になれます。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆5804億円、

売買高は23億2839万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は1271、

値下がり銘柄数は539、変わらずは89でした。

 

■各市場の動き

日経平均: 18,322.98       136.88    +0.75%

NYダウ(ドル):16,790.19    +13.76    +0.08%

ドル(円):119.97-00    -0.19円高     -0.16%

ユーロ(円):134.80-84    +0.03円安    +0.02%