TOPICS

2015/10/15

2015年10月15日日経概況

2015年10月15日の東京株式市場は反発しました。

終値は前営業日比205円90銭(1.15%)高の1万8096円90銭でした。

欧米市場が軟調な動きになったこと、為替市場で円高基調が進むことで

下げの要因が大きい中、下げて始まりましたが、プラス圏で引ける

力強さをみせてくれました。

数字的には大きく上げましたが、昨日の動きと比較すると

高値の切り上げ、安値を切り下げる動きになり市場は「迷い」状態にあると言えます。

 

前日の米国市場は大幅に続落しました。

ダウ工業株30種平均は2日続落して、

前営業日比157ドル14セント(0.9%)安の1万6924ドル75セント、

ナスダック総合株価指数も続落して、

前営業日比13.761ポイント(0.3%)安の4782.848で取引を終えました。

 

「ウォルマートショック」までは行きませんが、

大きな下げ材料として働き、市場全体を押し下げました。

ウォルマート・ストアーズは2016年1月期通期の売上高見通しを引き下げると発表、

株価が急落しました。時価総額が大きいだけに 投資家心理が悪化、

市場全体に売りが広がりました。

 

日本市場は欧州・米国市場が軟調な動きになったことや

118円台に突入した円高傾向を受け、下げて始まりました。

しかし、前日まで3%近く下げたことで自立反発になりやすい位置にあったこと、

利益確定の売りもある程度解消され、

下値を大きく切り下げることはなく、プラス圏に浮上してきました。

アジア市場が堅調に動いたことも加わり、午後に入ると上げ幅を拡大して

大きな反発の形になりながら引けました。

 

テクニカル的には昨日伝えたフィボナッチ分析で

(9/29から10/9の上昇幅を100とした場合)

61.8%をタッチしてから止まった形になりました。

このポイントは依然として、25日移動平均線、基準線、転換線がすべて絡んでいることから

上か下かどちらにも触れやすい位置です。

昨日は「さらに調整に入る場合、次の確認ポイントは

半分押しの1万7,660円付近になります。」と伝えましたが、

本日の安値1万7,758円まで下げてきたので、後100 円ほどの振れ幅を残しています。

この100円が重要な転換ポイントになりますので、

ここからしっかり観察して行きたいですね。

 

利益確定になった銘柄が多くでましたので、

今はトレンド転換を待つ局面になっています。

 

■各市場の動き

 

日経平均:18,096.90    +205.90    +1.15%

NYダウ(ドル):16,924.75    -157.14    -0.92%

ドル(円):118.90-92   -0.70円高                -0.59%

ユーロ(円):136.53-56   +0.02円安    +0.01%