TOPICS

2015/10/16

2015年10月16日日経概況

2015年10月16日の東京株式市場は続伸しました。

終値は前営業日比194円90銭(1.08%)高の1万8291円80銭でした。

米国市場が大幅な反発で、投資家のマインドが変わりつつあることを背景に、

為替市場では円高基調が一服、円安に振れたことを加えて

週末を前に上昇して終わりました。

先週作られた高値圏での持ち合いの中に戻ってきましたが、

底値から安値は切り上げる動きになったことで、

投資家マインドが改善される余地が大きいです。

 

前日の米国市場は大幅に反発しました。

ダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発して、

前営業日比217ドルちょうど(1.3%)高い1万7141ドル75セント、

ナスダック総合株価指数も反発して、

前営業日比87.252ポイント(1.8%)高の4870.100で取引を終えました。

 

ダウは2カ月ぶりの高値、ナスダックは1カ月ぶりの高値で引けて、

投資家のマインドが変わってきたことが伺えます。

市場予想を下回る米経済指標の結果を受け、

FRBが利上げを急がないとの期待が広がり、買いが広がりました。

 

日本市場は 米国市場が大きく上昇して、2ヶ月ぶりの高値になったことや

前日まで進んでいた円高基調が一服、円安に振れたことを材料に

ギャップを開けて上昇しながらスタートしました。

 

投資家心理が改善したことで買いが進み、

上昇幅が300円に達する場面も見られましたが、

積極的に買い上げるには材料が弱すぎるため、

引けにかけて上げ幅を縮小させながら今週の取引を終えました。

 

今週の動きとしては週前半で大きく売られた後、

昨日と今日で戻す動きで、下値の目安となっていた25日移動平均線を支えにして

反発する形になりました。

来週も本日の高値を切り上げながら上昇すると、

底値から安値の切り上げが確定することになり、年末の上昇相場に向けて

準備が整う動きになります。

 

しかし、先週のリバーサルアイランドから急落したことで、

一部戻り待ちが溜まっている可能性が高いので、

上値を抑えられながら、持ち合いを形成した後、

上に抜けていく動きが予想されます。

 

今週もお疲れ様でした。

天気が急に寒くなってきたので、健康に気をつけて過ごした後、

来週再会しましょう。

 

■各市場の動き

 

日経平均:18,291.80    +194.90              +1.08%

NYダウ(ドル):17,162.16    +20.41    +0.12%

ドル(円):119.24-2     +0.87円安    +0.73%

ユーロ(円):135.49-52    +0.11円安    +0.08%