TOPICS

2015/10/26

2015年10月26日日経概況

2015年10月26日の東京株式市場は続伸しました。

終値は前営業日比121円82銭(0.65%)高の1万8947円12銭でした。

今まで日本市場を揺さぶってきた外部環境が

今回はサポートになってくれました。

22日のドラギECB総裁の追加緩和発言に続き、

中国が追加金融緩和に踏み切り、投資家心理がリスクオンになりました。

2日連続のギャップ開けで上昇してきたことで

短期的な過熱感には気を付ける必要があります。

 

前営業日の米国市場は続伸となりました。

ダウ工業株30種平均は続伸して、

前営業日比157ドル54セント(0.9%)高の1万7646ドル70セント、

ナスダック総合株価指数も続伸して、

前営業日比111.814ポイント(2.3%)高の5031.864で取引を終えました。

 

22日のドラギECB総裁の追加緩和発言による欧州株の上昇、

(ドイツ株のDAX302ポイント高の10794 、

ロンドン株は続伸で67.80ポイント高で終了)

中国の追加金融緩和が加わり、大きく上昇しました。

 

両方とも2ヶ月半ぶりの高値水準で特にナスダック心理的な節目になる

5,000を回復してきました。

 

日本市場も前日の米国市場の大きな上昇に加えて、

世界経済の不透明要因になってきた中国の金融緩和が加わり、

週末からあげる雰囲気いっぱいで待機していました。

その雰囲気を反映して、ギャップあけではじまり、

しばらくあげましたが、連続のギャップ開けということもあり、

終値では始値を切り下げて終わりました。

 

市場は9月29日を底にして、トレンドが変わったことになります。

 

テクニカル的には大きなギャップを2日連続開け、陰線を形成。

ボリンジャーバンドの2σを越えが続きました。

高値では75日線付近になると、上値を抑えられ上髭つき。

短期的な過熱感が懸念される形になりました。

しかし、調整が入るといっても投資家心理が改善してきた現在は

短期の調整になって、さらにあげていく可能性が高いので、

押し目が形成されると積極的に買いを入れて行きましょう。

 

スクールの課題銘柄ではすでに4回目の買い増しまで行っている銘柄もあることから

雰囲気は変わりつつあると判断できます。

 

東証1部の売買代金は2兆1253億円、

売買高は18億1051万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は1252、

値下がりは519、変わらずは132銘柄でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均:18,947.12  +121.82           +0.65%

NYダウ(ドル):17,646.70     +157.54           +0.90%

ドル(円):121.07-08  +0.73円安       +0.61%

ユーロ(円):133.49-60           -0.14円高       -0.10%