TOPICS

2015/10/30

2015年10月30日日経概況

10月最終営業日2015年10月30日の東京株式市場は続伸しました。

終値は前営業日比147円39銭(0.78%)高の1万9083円10銭でした。

市場の注目材料だった日銀の金融政策決定会合で

大きなサプライズはありませんでしたが、金融政策の現状維持を決まり、

為替市場では円安・ドル高が一段と進むことで、

輸出関連株を中心に買いが広がりました。

利益確定が先行し、売られた後は再び戻す好ましい動きになってきました。

 

前営業日の米国市場は小幅な下落になりました。

ダウ工業株30種平均は反落して、

前営業日比23ドル72セント(0.1%)安の1万7755ドル80セント、

ナスダック総合株価指数も反落して、

前営業日比21.416ポイント(0.4%)安の5074.274で取引を終えました。

 

米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明も終わり、

新たな材料にかける中、前日の終値を挟んでの攻防が続きました。

テクニカル的にみると、下値ではしっかり守りが入ることで、

下げ幅は限定的になったことから、先高感が強まったと判断できます。

 

日本市場は午前中は目先の利益をとりながら、

日銀の金融政策決定会合結果待ちのための様子見になりました。

追加の金融緩和など大きなサプライズはなく、金融政策の現状維持が決まることで、

為替市場では円安・ドル高が一段と進み、

輸出関連株を中心に買いが広がりました。

 

FOMCや金融政策決定会合などイベントの多かった今週は

商いも冴えない中、買いを控えていた投資家が多かったですが、

利益をひとまずとった後は買いに動きました。

業績発表がピークを迎える中、失望を誘う動きがなければ、

来週からは期待できる動きになるでしょう。

 

テクニカル的には上髭ではありますが、今週続いていた持ち合いを抜け出し、

来週始めにこの高値を抜けてくると、上昇基調への突入になります。

今週の動きをまとめると、決算発表相場の典型的な動きで、

方向性の掴めない持ち合いになりました。

75日移動平均線が上値を抑えており、堅調な業績発表が確認されることで

上値を切り上げる動きを期待してもいいでしょう。

ポジティブな材料を捉える強気相場の動きになりつつあるので、

年末に向けての地合は整ってきたと判断しています。

 

メルマガの戦略銘柄でも取り組んでいるように

底値をぬけだして上昇してから一服感を出している銘柄たちは

再びトレンドを転換してきたものが散見されるようになったので、

積極的に仕込みをしておきましょう。

 

今週もお疲れさまでした。

本日金曜日の夕方から来週前半に渡って

ベトナムホーチミンでセミナーを行っています。

偶然この時期にいらっしゃる方は会いにきてください。

 

紅葉を楽しんで、元気になって再会しましょう。

よい週末を!

 

■各市場の動き

 

日経平均:19,083.10     +147.39    +0.78%

NYダウ(ドル): 17,755.80   -23.72     -0.13%

ドル(円):120.84-86    +0.07円安   +0.06%

ユーロ(円):132.76-80    +0.82円安    +0.62%