TOPICS

2015/11/10

2015年11月10日日経概況

2015年11月10日の東京株式市場は5日続伸しました。

終値は前営業日比28円52銭(0.15%)高の1万9671円26銭でした。

米国市場の冴えない動きや、短期的な過熱感で

利益確定を優先する動きが先行しましたが、後場半ばくらいで上昇に転じてから

プラス圏で引けました。

直近日経の強さを印象つける底力をみせてくれた相場です。

 

前営業日の米国市場は幅のある反落になりました。

ダウ工業株30種平均は大幅の反落、

前営業日比179ドル85セント(1.0%)安の1万7730ドル48セント、

ナスダック総合株価指数も反落して、

前営業日比51.818ポイント(1.0%)安の5095.302で取引を終えました。

 

12月の利上げに対する懸念か続く中、

前日伝えた通り、「テクニカル的には節目にあたる1万8,000ドルを目前に

一回調整を入れて、一服入る形になり」、その動きが続きました。

テクニカル的な観点でみる切り返しのポイントは

10/27に形成された安値1万7,540ドル付近という見方を続けます。

 

日本市場は短期的な過熱感が出てきたことで、

目先の利益を確保する動きと、米国市場の軟調な動きを受け継ぎ、

売りが先行して始まりました。

後場途中まではマイナス圏で維持することで、

誰もが5日ぶりの反落を想定してから力強く値を戻してきました。

 

後場半ばでプラス圏に浮上して、そのまま上昇して引けましたが、

テクニカル的には一回休んでいく格好、

取引量も細くなることで、調整が何日かは続く動きになってきました。

 

買いで入ったポジションはまだロスカットポイントまでは

到達してない銘柄が多いので、ちょっとした調整くらいでは慌てずに対応していきましょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆3541億円、

売買高は20億6925万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は701、値下がりは1090、

変わらずは120でした。

上昇はしたものの、値下がりの方が多くなっており、

エネルギーは一時的に弱まったと判断できます。

 

■各市場の動き

 

日経平均:19,671.26   +28.52    +0.15%

NYダウ(ドル):17,730.48  -179.85   -1.00%

ドル(円):123.13-16   -0.25円高    -0.20%

ユーロ(円):132.22-24    -0.59円高    -0.44%