TOPICS

2015/12/09

2015年12月09日日経概況

2015年12月09日

の東京株式市場は続落しました。

終値は前営業日比191円53銭(0.98%)安の1万9301円07銭でした。

明確な材料が少ない中、欧米市場が全面的に安くなったこと、

為替市場で円高にふれたことが加わり、

1ヶ月ぶりの安値を形成しました。

 

前営業日の米国市場は続落しました。

ダウ工業株30種平均は続落して、

前営業日比162ドル51セント(0.9%)安の1万7568ドル00セント、

ナスダック総合株価指数も小幅に続落して、

前営業日比3.569ポイント(0.1%)安の5098.243で取引を終えました。

 

欧州市場が大幅に下げたことに加え、

(ドイツ株のDAX212ポイント安の10673 、

ロンドン株は続落して、88.30ポイント安で終了)

原油先物市場が継続して下落したことで、エネルギー関連株を中心に

市場全体が売りの雰囲気になりました。

中国の経済指標が思わぬ結果になったことが拍車をかけ、

250ドルの下げ幅を見せる場面もありましたが、

引けにかけては下げ幅を縮小しながら終えました。

 

日本市場は前日に引き続き、明確な材料をかける中、

欧米市場が軟調な動きになったことを引き継ぎ

売りが先行してスタートしました。

 

空を開けながら大きく下げてスタートした後、

また大きく戻してから長い髭を作ってから、

再び始値を割り込みながら全面的な売り市場になり、

(東証1部の値下がり銘柄数は1442と全体の約75%相当)

1ヶ月ぶりの安値を形成しながら引けました。

 

前日の解説では「日本市場も当面は持ち合うことも予想されますが、

下押しが来ても下落トレンドにつながる要因は見当たらないので、

引き続き主力銘柄を中心とする「上げ相場」の戦略を続けていきます。」といいましたが、

当分の下押しは続く可能性が高いので

利益を取るものはしっかりとってから、次のトレンドを待つようにしましょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆3940億円、

売買高は20億4346万株でした。

東証1部の 値上がり銘柄数は371、変わらずは110でした。

 

 

■各市場の動き

 

日経平均:19,301.07     -191.5     -0.98%

NYダウ(ドル):17,568.00     -162.51    -0.92%

ドル(円):122.69-72    -0.41円高     -0.33%

ユーロ(円):133.98-00     +0.20円安     +0.15%