TOPICS

2015/12/24

2015年12月24日日経概況

2015年12月24日の東京株式市場は4営業日続落しました。

終値は前営業日比97円01銭(0.51%)安の1万8789円69銭でした。

前営業日に引き続き、特別な材料のない中、

動きの読みづらい年末年始の動きになりました。

買いが先行して始まったものの、為替相場で進む円高基調が

投資家心理を冷やした側面も大きいです。

市場参加者が少なくなる中、方向感のかけた展開は関係者の目をすでに

来年に移すようにしています。

 

前営業日の米国市場は続伸しました。

ダウ工業株30種平均は日本の休みを含めて3日続伸して、

前営業日比185ドル34セント(1.1%)高の1万7602ドル61セント、

ナスダック総合株価指数も3日続伸して、

前営業日比44.822ポイント(0.9%)高の5045.932で取引を終えました。

 

原油先物相場が35ドル台で底を打った様子で戻り基調になったことで

エネルギー関連株を中心に3日続伸を果たしました。

原油安を受けて下落幅の大きかったシェブロンなど石油大手の

上昇率が大きく市場全体を牽引しました。

 

日本市場は休みの間に米国市場が続伸したことと、

前日まで下げを強めてきたことを受け、買いが先行して始まりました。

朝方は米国株高を素直に受け入れる動きで上昇しましたが、

継続した買い材料にはなりにくく、また120円台に乗せてきた

為替市場の円高基調が投資家心理を冷やしました。

 

また海外の参加者を始め、国内でもすでに年末年始休み入りが始まり

市場の参加者自体が少なく、上昇を継続して支えられるほどの買いが続きませんでした。

 

売買代金が2営業日連続で2兆円を割り込んだことからも

市場の熱が冷めていることは十分伝わってきます。

残り少ない営業日の中で、個人投資家の皆様もあまりいらいらせずに

ゆっくり休みムードに入るほどの余裕は必要ではないでしょうか。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆9362億円、

売買高は19億8707万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は326、

値下がり銘柄数が全体の8割近い1523で、変わらずは86でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均:18,789.69      -97.01    -0.51%

NYダウ(ドル):17,602.61     +185.34    +1.06%

ドル(円):120.38-40     -0.73円高     -0.60%

ユーロ(円):131.84-90    -0.40円高    -0.30%