TOPICS

2016/03/25

2016年3月25日日経概況

2016年3月25日の東京株式市場は反発しました。

終値は110円42銭(0.65%)高の1万7002円75銭でした。

上下に切り返すサイクルが早くなっていることから、

市場の動きが活発になってきたことが伺えます。

円高基調の一服と、下値が硬いことが確認されたこと、

米国市場の上昇などが投資家心理を改善させました。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は反発しました。

ダウ工業株30種平均は反発して、

前営業日比13ドル14セント(0.1%)高の1万7515ドル73セント、

ナスダック総合株価指数は反発して、

前営業日比4.644ポイント(0.1%)高の4773.505ポイントで取引を終えました。

 

原油先物相場が弱含になったことで、午前中に下落、

下げ幅を103ドルまで演習する場面もありましたが、

ここからは下げ止まり、続落の影響で反発にタイミングにきているとの思惑働き

上昇に転じました。

 

日本市場は米国市場のわずかならの上昇を受け、

買いが先行してはじまりました。

前日の終値より57円高くスタート、

節目として認識される17,000円を挟んではもみ合う動きが続きました。

しかし、最後はしっかり安値を切り上げる110円上昇で引け、今週の取引を終えました。

 

テクニカル的には長い下ヒゲ付きの陽線、

三角持ち合いを抜け出すための準備をしていることがわかります。

しかし週足でみると、先週のローソクに包まれる持ち合いの動きになっています。

底値が硬いことは確認されましたが、高値を更新していくには

もうちょっと材料が出て、しっかりした上昇を2-3回ほどは見せてくれる必要があります。

 

来週からの戦略は、本日の上昇でトレンド転換になった銘柄

多く存在するので、ファンダメンタルズがしっかりしている銘柄を中心に

トレンド転換での買い方に重きをおいて行きます。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆7746億円と低調、

売買高は18億1200万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は1018 、

値下がりは794、変わらずは136銘柄でした。

 

今週もお疲れさまでした。

急激に寒くなりましたので、風邪ひかないように

しっかり対策を講じてから遊びに出かけましょう。

また来週!

 

■各市場の動き

 

日経平均:17,002.75  +110.42           +0.65%

NYダウ(ドル):17,515.73       +13.14 +0.07%

ドル(円):112.90-91     +0.05円安       +0.04%

ユーロ(円):126.02-06 +0.08円安       +0.06%