TOPICS

2016/01/06

2016年1月6日日経概況

2016年1月6日の東京株式市場は続落しました。

終値は前営業日比182円68銭(0.99%)安の1万8191円32銭でした。

大発会から年初3日連続下げたことは実に21年ぶりの出来事です。

上昇の材料はなく、雇用統計発表などの主要な指標の発表が待っている中、

中東の地政学的にリスクに加えて、

北朝鮮が水素爆弾実験を実施したと発表することを受け、

投資家心理はさらに冷え込みました。

前日の解説通り、下げすぎだとむやみに買うタイミングではないことが

おわかり頂けたでしょうか。

 

前営業日の米国市場は方向感を欠いた展開になりました。

ダウ工業株30種平均は小幅反発して、

前営業日比9ドル72セント(0.1%)高の1万7158ドル66セント、

ナスダック総合株価指数は4日続落して、

前営業日比11.659ポイント(0.2%)安の4891.430で取引を終えました。

 

中国景気の先行きに関する懸念に加えて、

中東地域の地政学リスクが高まることで、

投資家心理が迷いを極め、方向感を失った動きになっています。

 

日本市場は21年ぶりの記録になる

大発会を含む年初3日続落で始まりました。

北朝鮮が水素爆弾実験を実施したという突拍子もない発表を受け、

300円を超える下げ幅まで演出する場面がありましたが、

引けにかけて下げ幅を縮小させました。

 

為替市場では円高が進み、中国経済の先行きに対する不安は

まだ油断できない状況なので、下げ過ぎだと思い

買っていく安易な判断をするところではありません。

 

テクニカル的には前回の安値だった12/15の1万8,562円を1/4に割り込み、

本日は1万8,000の節目に近づいてきました。

安値を割り込むと当分は下値を探る展開になると解説しましたが、

次の節目は2015/10/15の安値1万7,758円です。

1月の後半にかけて、下値を探る展開は予想されますので、

空売りを有効活用するポートフォリオ戦略が有効だという見解を

続けていきたいと思います。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆4307億円、

売買高は20億7618万株で、前日より増加しました。

東証1部の値下がり銘柄数は1493で前日よりも値下がりが増えています。

値上がりは359、変わらずは83銘柄でした。

 

年初3日続落はさすがにきついので、

明日は少し反発があることも考えられます。

 

■各市場の動き

 

日経平均:18,191.32    -182.68    -0.99%

NYダウ(ドル):17,158.66    +9.72    +0.06%

ドル(円):118.66-70    -0.76円高    -0.64%

ユーロ(円):127.59-62               -1.47円高     -1.14%