TOPICS

2016/01/25

2016年1月25日日経概況

2016年1月25日の東京株式市場は 続伸しました。

終値は前営業日比152円38銭(0.90%)高の1万7110円91銭でした。

先週の1/21、暴落で出来た安値が直近の底になる可能性が高くなりました。

1週間ぶりの高値で節目とされる1万7,000円を突破したことには意味があります。

原油価格の上昇で安値を切り下げていた世界の株式市場が

高く推移したことで、東京市場も投資家心理が改善してきました。

1万7,000円が足を引っぱり戻す動きも考えられますので、

突然大きなポジションを入れる取引は控えるのがいいでしょう。

 

前日の米国市場は大幅な上昇になりました。

ダウ工業株30種平均は続伸で、

前営業日比210ドル83セント(1.3%)高の1万6093ドル51セント、

ナスダック総合株価指数も続伸して 、

前営業日比119.124ポイント(2.7%)高の4591.180ポイントで取引を終えました。

 

26ドル台まで下げていた原油先物市場に上昇ムードが継続すること、

日本を始め、欧州の主要な市場が軒並み大幅な上昇になったこと

(ドイツ株DAXは190ポイント高の9764 、

ロンドン株は大幅に上昇して126.22ポイント高で終了)などが

投資家心理を大幅に買いに向かわせました。

 

日本市場は欧米市場の大幅な上昇の流れを引き継ぎ、

187円高くスタート、アジア株の堅調に推移した動きを参考にしながら

下値に戻す動きは診られず、152円高で引けました。

 

投資家が待っていた、底打ちで上げていくような流れになってきましたが、

まだ外部環境要因が根本的に変わったわけではなく、

戻していく途中でも小さな材料によって大きく押される

神経質な動きが予想されます。

 

むやみに買うよりは、今回の下げで下落率が大きかった銘柄の中で

あまり流行に頼る銘柄は避けて慎重に選んでいく戦略が必要です。

バーゲンのチャンスではありますが、

ここからは手堅い主力銘柄が注目されていきますので

気を長くして少しずつ足して行く感じで行きましょう。

例えばトヨタ自動車(7203)が7,000円まで戻してから

抵抗にあって反落した後、もう一度切り返す時は

楽しいチャンスになる可能性が高いです。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆4124億円、

売買高は22億9170万株で、まだ活況というまでには至っておりません。

東証1部の値上がり銘柄数1643で全体の8割、

値下がり銘柄数は229、変わらずは63でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均: 17,110.91 +152.38           +0.90%

NYダウ(ドル):16,093.51       +210.83           +1.33%

ドル(円):118.39-42     +0.32円安       +0.27%

ユーロ(円):128.12-14 +0.24円安       +0.19%