TOPICS

2016/02/03

2016年2月3日日経概況

2016年2月3日の東京株式市場は大幅に続落しました。

終値は前営業日比559円43銭(3.15%)安の1万7191円25銭でした。

1万8,000円を目の前に一回足元を固めるかと思ったら、

大きく下げてきました。

下げ幅は一時670円を超え、全面安の様子でしたが、値を戻して引けました。

マイナス金利の効果が持続できない懸念が現れ、

投資家心理はリスクオフに傾いています。

本日も最後までしっかり読んでください。

 

前日の米国市場は大幅に続落しました。

小幅に反落、小幅続伸のまちまちな動きになりました。

ダウ工業株30種平均は大幅な続落で、

前営業日比295ドル64セント(1.8%)安の1万6153ドル54セント、

ナスダック総合株価指数は4日ぶりに反落して 、

前営業日比103.421ポイント(2.2%)安の4516.946で取引を終えました。

 

戻り基調にあった原油先物相場が大幅に下落、

WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)が30ドルを割り込むことで

投資家心理が悪化しました。

また中国の経済に対する懸念が払拭されず、下落を止めることができませんでした。

 

日本市場はダウの大幅な下落や29ドル台に暴落した原油相場の下げの上、

マイナス金利の目的である円安基調が早くも薄れてきたことで、

投資家心理が一気に悪化、大きく売られました。

 

朝から大きくさげては、少し戻す場面も見られましたが、

外部要因の悪化に加えて、望ましくない業績発表が続くなど

内部要因も悪化、下げ幅は670円に達する場面もありました。

 

懸念したいたいわゆる「バスーカ3弾」の継続性ですが、

早くも円安基調が一服したことで

効果が薄れてきた雰囲気が強くなりました。

さらに広げることも考えるような黒田さんの発言もありますが、

マイナス金利の特性上、拡大には限界があり、

その副作用も一緒に拡大していくので、

実効性には疑問の残る政策だけが残っているのが懸念点です。

 

注目していたセクターや保有銘柄がちょうど利益確定のタイミングであったことで、

ポジションを持ってない方が多いと思いますが、

これからも続く業績内容によっては乱高下の後、

下げに転じる可能性もあるので、1日くらいの反発で無理やり

大きなポジションを立てるようなことは避けるべきでしょう。

 

東証1部の売買代金は概算で3兆1396億円、

売買高は31億382万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は全体の9割にあたる1735、

値上がり銘柄数は164、変わらずは36でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均:17,191.25        -559.43       -3.15%

NYダウ(ドル): 16,153.54  -295.64       -1.80%

ドル(円):119.81-84        -0.82円高     -0.68%

ユーロ(円):130.88-92     -0.63円高     -0.48%