TOPICS

2016/02/08

2016年2月8日日経概況

2016年2月8日の東京株式市場は5日ぶりに反発しました。

終値は前営業日比184円71銭(1.10%)高の1万7004円30銭でした。

米国雇用統計の結果を受け、大きく下げた米国市場の影響で

230円の下げ幅まで進んだ後は、

116円台から117円台に推移した為替市場の動きを起爆剤に

大きく取り戻しました。1万7,000円台に戻して引けました。

当分は乱高下の動きになることが予想されるので、

2歩進むための一歩下がりだと思いながらじっくり構えましょう。

 

前日の米国市場は大きく反落しました。

ダウ工業株30種平均は3日ぶりに反落して、

前営業日比211ドル61セント(1.3%)安の1万6204ドル97セント、

ナスダック総合株価指数はより大きく反落して 、

前営業日比146.415ポイント(3.2%)安の4363.144ポイントで取引を終えました。

 

欧州の株式市場が冴えない動きに終わり

(ドイツ株のDAXは107ポイント安の9286、

ロンドン株は反落して、50.70ポイント安で終了)

注目を集める指標の雇用統計の結果が発表されました。

 

非農業部門の雇用者数は市場予想を下回りましたが、

失業率が5%を下回り2008年2月以来の水準に低下しました。

これを受けて6月が次の利上げ時期だと見られていた観点から

3月の可能生もあると受け止められ、それを警戒した売りが出た格好です。

 

日本市場は前営業日の米国市場が弱い動きになったことに加えて、

1. 116円台で推移する円高傾向が継続

2. 主要企業の決算結果が思うほどよい内容になってないことなどで

大きく売りが先行して始まりました。

 

230円安で推移していた日経は、節目となる1万6,500円を底に

為替市場で円安が進むことが推進剤になり

買いに転換しました。

前場を29円安で引けた後はプラス件に浮上、

1万7,000円を上値とするところまで進みました。

 

テクニカル的には大きく切り返して陽線で引きながら

前営業日のローソクを包み込む持ち合いになりました。

1月21日の底から2月1日の直近天井までの上げ幅を100とした場合、

フィボナッチ分析では50%を超えた38.2%のレベルまで押してから

引き返し、戻るにはまだ時間と力が必要という判断されます。

 

次の突破ポイントは1万7,000円の心理価格パーティション、

その後は61.8%押しに当たる1万7,185付近、

こちらを突破しない限り、スピードのある回復になるのは難しいでしょう。

 

■各市場の動き

 

日経平均:17,004.30  +184.71           +1.10%

NYダウ(ドル16,204.97         -211.61            -1.29%

ドル(円):117.24-28  +0.43円安       +0.37%

ユーロ(円):130.52-56           -0.25円高       -0.19%

 

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは

TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/