TOPICS

2016/02/16

2016年2月16日日経概況

2016年2月16日の東京株式市場は続伸しました。

終値は前営業日比31円85銭(0.20%)高の1万6054円43銭でした。

前日に引き続き為替市場では円高基調が一服してから

円安に流れ、114円台まで伸びると輸出産業の業績改善期待より

上昇してきました。

引けにかけては急速に引き締まってきたことで、

トレンドの継続には疑問を持たざるを得ない環境です。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

 

前営業日の米国市場はプレジデンツ・デーの祝日のため休場でした。

 

日本市場は欧州市場が堅調な動きになったこと

(英FTSE100 は+116.68(2.04%)の5,824.28、

独DAXは+239.33(2.67%)の9,206.84で終了)に加えて、

円高基調一服後の円安傾向が続き、輸出産業を中心に買いが先行しました。

 

アジア市場でハンセンが+322.75(1.71%)上場するなど、

市場全体のモメンタムがついてくると、

上昇幅は200円を超える場面もありました。

 

しかし、前日の大幅な上昇に加えて、本日も200円以上の上昇が確認されると

引けにかけて短期の利益を確定する動きが広がりました。

急速に引き締まった動きから長い上ヒゲ付きの陽線を形成、

形は上昇のローソクになりました。

 

前日は「2月1日から12までの下げ幅を100とした場合、

本日の上昇で一気に61.8%まで戻し、

次の確認ポイントは半値戻しになる164,000円付近になります。」と解説しました。

本日の高値は16,341円でやはり164,000円付近は意識されやすくなっています。

 

2日間の上場があったので明日は足元を固めるための

調整になる可能生が高いので

短期で買うと決めたものはしっかり観察して

利益確定のタイミングを逃さないでください。

 

■各市場の動き

 

日経平均:16,054.43  +31.85 +0.20%

NYダウ(ドル):15,973.84     +313.66           +2.00%

ドル(円):114.55-56  +0.79円安       +0.69%

ユーロ(円):127.78-80              +0.26円安        +0.20%

 

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは

TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/